スッタニパータ457

第三 大いなる章

〈4.スンダリカ・バーラドヴァージャ〉

457「バラモンはバラモンと出会ったときには、『あなたはバラモンではあられませんか?』とたずねるものです。」

「もしもあなたがみずからバラモンであるというならば、バラモンでないわたしに答えなさい。わたしは、あなたに三句二十四字より成るかのサーヴィトリー讃歌のことをたずねます。」

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
サーヴィトリー――Sāvitri.『リグ・ヴェーダ』第三編第六二詩篇の一〇にある三句二十四字より成る詩で、太陽神サヴィトリSāvitrに対する讃歌である。この讃歌は普通はGāyatriと称せられ、特に重要な讃歌である。バラモンたちのあいだでは殊に神聖視され、今日に至るまでバラモンは毎朝この詩をとなえている。「サーヴィトリーはヴェーダの詩句のうちで最上のものである」(中略)。ところが仏教は、サーヴィトリーに相当するものとしての別の文句をもち出した。このサーヴィトリー詩と同様に、仏教徒が最初に学ぶべきものは
Buddhaṃ saraṇaṃ gacchāmi.(仏に帰依したてまつる)
Dhammaṃ saraṇaṃ gacchāmi.(法に帰依したてまつる)
Saṃghaṃ saraṇaṃ gacchāmi.(つどいに帰依したてまつる)
という三句二十四文字よりなる三帰依文である。今ここでサーヴィトリ―というのは、仏教のサーヴィトリ―である三帰依文を指す、と註釈は解する。
 
以上註記より引用した。

ぶっだん さらなん がっちゃーみ (南無帰依仏)

だんまん さらなん がっちゃーみ (南無帰依法)

さんがん さらなん がっちゃーみ (南無帰依僧)

仏陀(ブッダ)と達磨(ダンマ)と僧伽(サンガ)に帰依する三帰依文(さんきえもん)ですが、三宝に帰依する内容です。世界中の仏教徒の集まりで唱和することが多いですから覚えておくとよいと思います。

今日の詩句の内容は、ブッダの前の詩句を受けて、スンダリカ・バーラドヴァージャさんが行った返答とそれに続いてのブッダの再返答です。少しややこしく感じられるかもしれませんが、バラモンの特に重要視している讃歌を「三句二十四字」と端的に言い表したことで、スンダリカさんの態度が一変します。日本的にいえば、「三帰依とは何か」と返答したようなものでしょう。信教の本質に見事に迫ったのであります。以後の問答はスンダリカさんの質問にブッダが一つ一つ答えるのでありますが、この問答の内容が一人のバラモンを根本から変えていきます。

達磨(理法)というものが、ブッダによって説かれ、その教えを実行する者の集いがサンガであります。この基本的な道理によって仏教というものが成り立っています。昨日ある禅宗のお坊さんから連絡を頂きました。話の中身が明確で、ともに力を合わせていこうという仕儀に相成りました。これからどうなるかは皆目わかりませんが、残された人生を静かに歩み続けたいと思います。

「バラモンはバラモンと出会ったときには、『あなたはバラモンではあられませんか?』とたずねるものです。」「もしもあなたがみずからバラモンであるというならば、バラモンでないわたしに答えなさい。わたしは、あなたに三句二十四字より成るかのサーヴィトリー讃歌のことをたずねます。」

正道

正道 について

禅僧。 福井県敦賀市出身。 滋賀県高島市マキノ町に「大慈観音堂」建立中です。 猫好き、音好き、話好き。 モットーは「正月道路」人生は旅修行。

スッタニパータ457」への2件のフィードバック

  1. 昨日同級生の父親が亡くなりました。94歳、昨年暮れまで元気に散歩しており、私共にも気さくに話しかけてくれる人でした。軍艦の機関兵をしていたそうで当時の話をよく聞いたものです。
    そういえば父からはあまり戦争の、私共が映画や漫画に出て来るかっこいい話は聞いたことがありません。たまに聞いたのは予科練での精神に異常を来たすような訓練での出来事。辛さのあまり自ら命を絶ってしまった人の話や、少年兵を自暴自棄に追い込み特攻隊員に仕上げて行くという生々しいものでした。子供心によくそんな辛い予科練に志願したものだと思ったものです。
    海軍の白い軍服に憧れたんだ、とも言っておりましたが。
    見ると行くとでは大違いだったのでしょう。
    昨日亡くなった人は華々しいゼロ戦や一式陸攻の離発着の様子を昨日の事のように話してくれましたが・・
    辛い話はわざとしなかったのかも知れません。

    1. 謹んで拝聴いたします。先の大戦において、陽と陰の両面があることは、歴史的上の事実かと存じます。ですが、人それぞれの思いから、陽の部分だけを述べ、陰の部分を語られたことであろうと拝察いたします。
      戦争が終わってから70年を過ぎ、戦争の傷跡が薄くなってきた今日、世界では戦禍が絶えません。合衆国が大量の難民を受け入れてきた背景には、国を捨てざるをえない状況がありました。わが国民は、どこにも逃げることなく、耐え難きを耐え、忍びがたきを忍んで、この国を復興されました。どのような立場であれ、渾身の努力を重ねられた先人に深く敬意を表する次第であります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA