スッタニパータ626

626 すでにこの世において自己の苦しみの滅びたことを知り、重荷おもにをおろし、とらわれのない、──かれをわたくしは〈バラモン〉と呼ぶ。

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
『ダンマパダ』第四〇二詩に同じ。
『ウダーナヴォルガ』三三・二七(岩波文庫『ブッダの感興のことば』二九八頁)参照。
とらわれのない人――visaṃyutta.

以上註記より引用した。

自己の苦しみが滅びるということは、この世において何の憂いもないということであります。つまり「解脱」していることを自覚できる状態と申せましょう。人生は楽しいことばかりではありません。辛いことも悲しいこともあるのが普通であり、何の悩みもない人がいるとは到底思えないことでしょう。

ところが「重荷をおろし、とらわれのない人」になれば、すなわちあらゆる責任ある立場を離れれば、自由になれるわけです。束縛を自ら解き、何にもとらわれないで生きることができます。いわば「無責任」な状態になることは、普通できません。家族や職場あるいは義理人情を大事に思えば、自由など夢のまた夢かもしれません。

「生活費はどうするの?どうやって食べていくの?」こうした思いがあることは、世間では至って健全な考え方ですし、社会人としての基本であります。在家というのは、責任ある立場の人ということです。そして本来の出家者というのは、大変非現実的ではありますが、無責任な立場の人ということになります。反社会的な風に思われることでしょうが、ブッダの本来の教えは「解脱」することにあります。ここらへんを曖昧にしますと、仏教というものが途端にわからなくなってしまいます。単なる倫理・道徳を教えているのではありません。いや、道徳を教えるのであれば、わざわざ仏教と申すまでもなく、道徳で良いのであります。

正道

正道 について

禅僧。 福井県敦賀市出身。 滋賀県高島市マキノ町に「大慈観音堂」建立中です。 猫好き、音好き、話好き。 モットーは「正月道路」人生は旅修行。

スッタニパータ626」への2件のフィードバック

  1. 明日から通常勤務が終わったら2,3時間残業をしてくれ、給料は出ないが、あ、それと土、日のどちらかも出てくれ、無論給料は出ないが・・なるべく両方出て欲しいんだが、、なに?経験がない?いいんだよ、そんなもんは、そのうち覚えるから、、まあ君なら充分出来るはずだが・・
    こんなブラックな会社、誰が行くか!と思うんですが、厳然として有るのです。八割の中学校の部活指導の実態です。義務化されているのです。生徒の不登校、イジメも深刻ですが、疲れ切っている先生がいるのです。身近に・・・

    1. 私の息子もそうでした。今は小学校の副担任らしく、随分と楽になったと聞きます。先生が疲れていると、先生も人間、その影響はもろに子供達に伝わります。中学生のくせに疲れた顔をして、自由闊達とは程遠い気だるい仕草に見ている方まで疲れます。
      職場も同様に疲れ果てていることは、誰にも隠せはしないでしょう。
      やはり環境でしょうか?くらいジメジメした元気のない場所で誰が健全に育つものですか。
      そんな所に日光と風と水を。
      雑草だってグングン伸びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA