スッタニパータ628

62在家者ざいけしゃ出家者しゅっけしゃのいずれともまじわらず、住家すみかがなくて遍歴へんれきし、欲の少い人、──かれをわたくしは〈バラモン〉と呼ぶ。

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
『ダンマパダ』第四〇四詩に同じ。
在家者・出家者のいずれとも交わらず……――「貪欲なることなく、人に知られずに生き、家なく、所有なく、在家者どもと交際しない人、――われらはかれをバラモンと呼ぶ」(Utt.ⅩⅩⅤ,28)。「(両親など及び)親戚・縁者との以前からの結びつきを捨て、快楽に耽らない人、――われらはかれをバラモンと呼ぶ」(Utt.ⅩⅩⅤ,29)。「出家者とさえ交わらない」というのであるから、サンガによる共同生活以前の段階である。
以上註記より引用した。

現代の感覚からすればまるで世捨て人・変わり者のようでありますが、最初期のブッダの教えは、徹底していました。「犀の角のように一人歩め」というのが基本です。このスッタニパータの最初の方をぜひ読んでいただきたいのです。一人で生活することが修行の基本であります。皆で居るときは誰でもそこそこ修行を致します。人の眼があるから比較的に修行はたやすいのですが、一人になってもきちんと朝から坐禅をし、朝課を行い、食事の準備をして、きちんと戴き、托鉢や作務に勤しむかというと、疑問符がつきます。

人々との交際を行うと、どうしても修行に専念できません。余計なことを考えてしまうからであります。また「つきあい」のためのお金や時間が必要になってまいります。これが普通ですが、ブッダの教えを忠実に実行するには、出家・在家を問わず他の人との交際を避けることは「至上命題」なわけです。

人からどのように思われようが言われようが決して気にしない。御礼を言ってほしくて待っているような人々のことを気にして居るようでは、修行は続きません。世間の道理にしたがっておると、仏道は続かないのです。

住むところがない、そうした何もかもを捨ててはじめて、仏道は完成します。完成した道を一人歩む姿が、さとりの姿であります。残念ながら、これはほとんどの人が実行できません。真のバラモンとはそうした人々であることを、尊敬に値する人は稀有の存在であることを確認しておきましょう。

正道

正道 について

禅僧。 福井県敦賀市出身。 滋賀県高島市マキノ町に「大慈観音堂」建立中です。 猫好き、音好き、話好き。 モットーは「正月道路」人生は旅修行。

スッタニパータ628」への2件のフィードバック

  1. 生協駐車場の後片付けと清掃を行ない、ようやく夏も終わり。と思いきやカンカン照りで海水浴客もそこそこいます。それでも日陰に入ればやはり秋の気配。例によって作業が終われば焼き肉とビール、そんなに飲んだつもりはありませんが、家に帰るなりバタンキュー。不覚にもつい今しがたまで寝てしまいました。すっかり一時より酒に弱くなったことをあらためて感じつつ、二度寝致します・・・

    1. お疲れが溜まっているのでしょう。
      お酒のせいでは無いと思いますが、年を取らないヒトはいませんから、これもまた自然。
      自然に秋ですね、蟲の声、空の雲。
      今日もよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA