スッタニパータ631

631 芥子粒けしつぶきり尖端せんたんから落ちたように、愛著あいじゃく憎悪ぞうおと高ぶりと隠し立とが脱落した人、──かれをわたくしは〈バラモン〉と呼ぶ。

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
『ダンマパダ』第四〇七詩に同じ。
 
芥子粒が……――ジャイナ教でも同様にいう。「磨かれた金のように汚れや悪を払い落し、愛著と嫌悪と恐怖とを離れた人、――かれをわれらは真のバラモンと呼ぶ」(Utt.ⅩⅩⅤ,21)
cf.MBh.Ⅲ,206,33. またこの第六三一ā詩に数え立てられている煩悩はジャイナ教のそれに近い。ジャイナ教では煩悩として rāga,dosa(dvesa),moha,annāṇa(=ajñāna)を挙げている(Utt.ⅩⅩⅤⅢ,20)。

隠し立て――makkha 註(Pj.)によると,他人の美徳を隠すこと(paraguṇamakkhaṇa)。パーリ文註解にも(ad Dhp.407)にも他人の美徳を隠すことと解している(paraguṇamakkhaṇalakkhaṇo makkho)
(paraguṇamakkhaṇa.Pj.ad Sn.631)。
しかし仏教一般では自分のあやまちを隠蔽することをいう。漢訳では「覆」という。Skrt.mraksa(『倶舎』論四巻七丁右、Abhidhatmakosa Ⅱ,27)(『倶舎論』二一巻四丁左、Abhidhatmakosa V,49).

以上註記より引用した。

この頁を最後に長らく更新していません。

もちろんスッタニパータはまだまだ続きますが、少しお休みを頂いております。

マイクロサンガにも拠点が出来まして、今新たなプロジェクトの開発に取り組んでおります。たくさんのご奉仕やお布施あるいは備品のご寄贈まことにありがとうございます。この場を借りて厚く御礼申し上げます。

さて、本詩は永平寺ご開山の大悟の提唱である「身心脱落」という解脱の瞬間を想起いたします。

身心脱落という一言に無数のさとりが込められております。

これは修行の完成であると同時に結論中の結論でありまして、もう「身心脱落」の言葉の前には何も申し上げることがありませんし、できません。

もうしばらく本詩を味わい尽くしてみたいと思っております。

正道

正道 について

禅僧。 福井県敦賀市出身。 滋賀県高島市マキノ町に「大慈観音堂」建立中です。 猫好き、音好き、話好き。 モットーは「正月道路」人生は旅修行。

スッタニパータ631」への18件のフィードバック

  1. むか〜し、坊がお寺のおっさん(お坊さんのことをこう呼んでいました。御さん、和尚さんから来たものでしょうか)にこう聞きました。法話でよく億万浄土という言葉を聞いていたので。「おっさん、おっさん、億万浄土ってどれくらいや」子供ですから敬語もなにもあったもんではありません。「坊、億万浄土ちゅうのはな、縦横高さが千メートルの大きい箱があったとせんかい、その箱にな百年に一回ツルが芥子の実を一粒運んで来てな、その箱が芥子の実でいっぱいになるくらいの時間のことや」
    「ふぇ〜っ!!」
    坊はもう想像の域を超えてしまって、(死んだら億万浄土行ける言うたけど、そんな遠いとこへ行かなあかんのやな・・・)
    知らず知らず母親を思い出し、(かあちゃんとそんな遠いとこまで離れるのいややし・・・)
    坊の目にはいつか涙がいっぱい溜まっておりました。
    ・・こんなことを思い出しておりました・・・

    1. 十万億土の彼方にあるという極楽浄土。あまりにも遠いという例えに使われますが、仏の境地に程遠い意味かと思います。坊には悲しくて仕方のない話であったのでしょう。
      和尚さんを略して「おっさん」と言いますが、オッさんでもあるわけでして、坊の目にたまった涙の意味がいじらしくて、泣けました。
      ふとした時に少年の頃を思い出しますよね。
      純粋で素朴で素直で、深い意味など露知らずに、感じたままに感じたあの頃を、なぜか悲しくて泣いてしまっていたあの頃を。

  2. 突然のコメント失礼いたします。
    私は僧侶ではなく、特別の信仰なども持ってはおりませんが、スピリュアルや潜在意識、精神世界の方面に興味があり、縁あってこのサイトに出会いました。
    この度お願いがあってコメントいたします。この記事とは関係ないかもしれませんが、スーパー坐禅という記事に大変感銘を受けまして、三章以降も読まさせていただいたいのです。
    どのようにすれば、続きを読むことができますでしょうか。
    お忙しい中とは存じますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

    1. ハイライト様、素晴らしいことです。
      スーパー坐禅に興味を持って戴き有難うございます。
      奥を知りたいと思われたかもしれませんが、奥などございません。
      ただただ、何も考えずに、静かな時間を持つことです。
      実行あるのみとお伝えしておきます。三章以下は近日中にサイトにアップいたします。

  3. 山田正道様
    返信くださいましてありがとうございます。

    スピリチュアルや精神世界が一種のビジネスになってしまった昨今、こうした教えが新たな観念を生んでいるだけで、寧ろ目の前を曇らせることになってしまっているという矛盾に苦さを感じておりました。

    スーパー坐禅の記事を読んだ際、涼やかな風が私の中に吹き流れ、同時にこの風を掴もうとしている自分もおりました。焦りがあるんですね。

    おっしゃる通り、求めることなく実行して参る所存であります。
    三章以下をアップして下さるとのこと、誠に感謝いたします。お忙しい中とは存じますので、どうぞご無理なさいませんようにお願い致します。
    楽しみにしております。
    ありがとうございます。
    唐突にコメント書き込んでしまい、大変失礼致しました。

    1. ありがとうございます。
      ながらく更新していませんでしたが、ご覧になっておられる奇特な方もいらっしゃるわけですので、もったいぶらずに公開することと致しました。
      公開が後悔?にならないよう(笑)徐々に添削しながら1章ずつアップいたします。
      またご意見ご感想がありましたら、コメントを残してくださると嬉しい限りです。
      励みになります。

      1. スーパー坐禅の記事を上げていただいてありがとうございました。
        大変興味深く読ませていただきました。

        己の至らなさを恥じつつも、読んでいて清々しい心持ちもいたしました。

        急な要望にお応えいただいて感謝いたします。後悔どころか、自我の肥大化を良しとする向きのある今こそ読まれるべきものだと思います。もちろん私もですが。
        これからも楽しみにしております。
        四の五の言わずに、今がその時と取り組んでまいります。
        ありがとうございました。

  4. コメント有難うございます。
    本日も第5章をアップしておきました。
    拙い文章ですが、私なりに伝えたいことを書いております。
    寒い日が続きます。
    お身体をご自愛下さいませ。

  5. 本日も記事の更新、ありがとうございます。
    とても清々しい文章で、興味深く読まさせていただいております。
    様々な疑問等もわいて参りますが、「考えない」ことの前では何の理屈も通用致しません。
    内面は相変わらず「考え」の嵐です。さながらゴミ屋敷の住人のような有り様であります。
    この道は厳しい。厳しいけれども難しくはない、されど難しくないことはとても難しい。
    実践して参ります。

    私は東北在住でして今年の冬は大変に厳しいです。
    寒いとも考えない、雪冴えて涼しかりけり…とは流石に参りませんで、ストーブの前で座っております。
    寒さ厳しい日々、どうかご自愛ください。

    ありがとうございました。

    1. 素晴らしいコメントを頂き、感動致しました。
      「この道は厳しい。厳しいけれども難しくはない、されど難しくないことはとても難しい。実践して参ります。」
      時間と空間を超えて、友と共に。
      ブッダは弟子に「友よ」と声をかけられました。
      ブッダが私たちと共にあることを信じております。
      ありがとうございました。

  6. 本日も記事の更新ありがとうございます。
    大変に気迫のこもったお話、感動致しました。
    同時にやや耳の痛いお話でもありました。
    どこかで読んだ「修証一等」という言葉を知っているだけで、仏道のなんたるかを理解した気になっていた自分が恥ずかしいです。

    今このタイミングでスーパー座禅と出会うことができましたのは幸運でありました。自分の「知っていること」を越えて参る所存であります。
    ここには本物の実践があります。

    まさしく「全心」で取り組んで参ります。
    ありがとうございました。

    1. う~ん。思わず唸っておりました。
      修証一等、修証一如。
      永平寺ご開山が伝えられた極意ですね。
      そうですか、お詳しいのですね。
      私の拙文を一言で喝破されようとは恐れ入りました。
      そして「全心」までも見透かされているとは、
      何か裸にされたような気分です【笑い】
      ありがとうございます。
      押し売りしているようで気がひけるのですが、素直に喜んでおります。
      SZを実践してくださるとは嬉しい限りです。
      どうぞよろしゅう。

  7. 本日も記事を更新いただき、ありがとうございます。

    今までいかに余計なことに精を出していたのかを思い知っております。
    呼吸ひとつとりましても、普段意識もしない呼吸を意識した途端、呼吸をコントロールしようとしてしまい、自然な呼吸から離れてしまいます。

    自然であろうとすることが不自然の始まりとは、なんとも皮肉なものでございます。

    毎日興味深く読まさせていただいておりましたので、最終回が寂しくもあります。

    楽しみにしております。
    どうもありがとうございます。

    1. ようやく10章まで辿り着きました。
      日頃書き留めておいたものを改めて見直しますと、矛盾点や意味不明な部分が多くて汗タラタラであります。
      一期一会と申しますが、どこでどのように会うかは誰にもわかりません。
      どうかお元気にお過ごしください。
      そして気が向いたならいつでもまた書き込みしてください。お願いしておきます。

      1. 本日もありがとうございました。
        とても感動致しました。

        この度こうしてご縁があって、スーパー座禅と出会えましたのは幸運でありました。
        正直に申し上げれば、きちんと理解できてはおりません。
        気づけば姿勢が乱れ、心が折れてしまいそうになったことも何度もございました。そしてこのスーパー坐禅を読み、警策を頂戴して新たに仕切り直しの日々でございました。

        それでも私にはこの道しかないと思っております。
        住してとらわれず、この姿勢を何度も何度も繰り返して参ります。

        急なお願いにもかかわらずお応えくださったこと、誠に感謝致します。
        このご恩は、私の日々の実践で返させていただきたく存じます。
        是非また、コメントさせていただきます。

        山田正道様におかれましても、お体にご自愛ください。
        益々のご健勝お祈り申し上げます。
        本当にありがとうございました。

        1. 本当にありがとうございました。
          毎日ハイライト様がご覧になってくださったことに心から御礼申し上げます。
          わたし若い頃はハイライトを吸っていました【笑い】
          とても尊敬している東日本ハウスの創業者の中村功さんが、ハイライトでした。とてもかっこよかったし今でもその格好良さを想い出します。いつもズボンのポケットの中は拾ったタバコの吸い殻だったのです。
          何気のない実践、身を律している姿、そのくせ大金持ち。
          なのに指定席に乗らないで、混んでいるときには新聞紙を敷いて坐っていました。
          そんな姿に今でも憧れています。
          余裕であるとか、成功者の常とか、余計なことを考えてしまいますが、わたしほど考えすぎる人間はいませんが、だからこそ何も考えないで、黙々と生きるべきだと思っております。
          自分に言い聞かせるために書いた拙文にお付き合い頂き、ありがとうございました。
          また是非お気軽にコメントを寄せてください。
          お互い、学び続けましょう。

  8. こんにちは。
    普段の生活の中では姿勢を意識することが増えてまいりました。
    そして折に触れては、このスーパー坐禅を読まさせていただいておるのですが、いつも感動しております。

    今までも禅や上座部のお坊さんの本や精神世界の本を読んだりしましたが、このスーパー坐禅ほど清々しい気持ちにさせる文章は読んだことがありません。

    本当に読んでいるだけで背筋がピシッとしてまいります。
    読む坐禅であります。

    本当に感謝しております。ありがとうございます。

    ちなみに私もかつてはハイライトを吸っておりました。今でもごくたまにハイライトを買って吸いますが、いささかキツイですね。

    ともあれ、春の足音がし始めました。
    新たな気持ちで取り組んで参りたいものです。
    ありがとうございます。

    1. ハイライトさん今日は。
      春一番のコメント誠にありがとうございます。
      とてもありがたいお言葉で恐縮いたしております。

      皆んなで一緒に坐るのも結構だとは思いますが、やはり独りで坐る習慣というものがどれほど大事なことかと今更ながらに思います。
      死んだ言葉を掘り起こしてみたり、ちょっとした言い回しの違いを殊更誇張して感心し、思考のジャングルを言葉で楽しんでいる方が多いのですが、そんな人に限って少しもそこに居ないのであります。

      まあ、そんな方々はどうしようもありません。わたしたちは右顧左眄することなく、今日の雨のように静かに温かく瞬間瞬間を生きて参りましょう。

      励ましのお言葉、本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA