タグ別アーカイブ: ブッダ釈尊

スッタニパータ442

第三 大いなる章

〈2.つとめはげむこと〉

442 軍勢が四方を包囲し、悪魔が象に乗ったのを見たからには、わたくしは立ち迎えてかれらと戦おう。わたくしをこの場所から退けることなかれ。

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた

ブッダ釈尊が坐禅している周りに旗を翻した悪魔の軍勢が取り囲みます。悪魔の総大将ナムチが王の象徴である象にまたがり勝ち誇るようにして陣触れを発します。最後の総攻撃が開始されました。

「立ち迎えて彼らと戦おう」とありますが、ここでは実際に立ち上がって戦うのではありません。一歩も退かないという意味であり決してその場を動かないという不動の決意であります。

降魔成道とは実際に何をしたのか?

降魔成道といわれるように成道に降魔という言葉がついています。この降魔は文字通り悪魔を降したという意味ですが、文献によれば触地印あるいは降魔印といって右手を地面につけている像がたくさん残っておりまして、その降魔の様子が克明に描かれています。わたしの家の仏壇にも降魔成道の釈尊像を祀ってあります。この触地印(そくちいん)ですが、なぜ地面に触れているのかが、長い間疑問でありました。いわく悪魔よ地獄に戻れ、地にひれ伏せよ、あるいは大地の神を出現させといった解説もされるのですが、いずれも神話的であり、どこか釈然としませんでした。

決してこの場を離れない不動心

その答えが「私をこの場所から退けることなかれ」という言葉でありました。結跏趺坐しながら左手を上に向け、右手を地面に触れているのは正しくこの場を退かない、すなわち誘惑に負けないことを指し示しているのではないでしょうか。やってみるとわかりますが、この釈尊の教えが身体で再現されるのです。坐禅の最中にも、ありとあらゆる妄想が襲ってまいります。その妄想を断ち切るべく、たまには触地印をいたします。神秘的ではありますが、そのとき、すっと妄想から抜け出すことができます。密教の不動明王(お不動様)はこの降魔成道の説話から象徴的に祀られていったとする説もあります。不動尊とも無動尊とも呼ばれる所以かと存じます。さりながら……

言葉の観念だけでは理解できない

仏教を学ぶにつれ、だんだんと仏教概念が頭のなかに張り付いてまいります。さまざまな仏教知識が知らず知らずのうちに思想を展開していきます。何もそれを全否定するわけではありませんが、言葉による観念で空腹を満たしていると、すぐに飽きてきたり、どこかに真理が埋もれているような気がして探し求めるようになります。答えはどこにも見つかりません。それでも師を求め、あるいは道を求めています。ところが簡単な実践を行うだけで、言葉では言い表せないような発見があるものです。やってみること。やり続けること。やり遂げること。坐禅は釈尊の成道の姿であることは申すまでもありません。

二十二年 正月中旬 かの地震 (月路)

今日は1月17日、阪神淡路大地震より22年経ちました。生まれた赤ちゃんが22歳。わたしが40歳のときのことでした。妻はもう起きていました。二階で寝ていたわたしは、あまりの衝撃に家が壊れるのではないかと、火は大丈夫かととっさに階下へよろけながら降りていきました。

地震。家が縦に揺さぶられるようでした。家族は全員無事。200キロ以上も離れた場所で震度5、震度7というのは想像を絶します。高速道路が倒れ、ビルが倒れ、火災が発生。すさまじい映像に息を飲みました。あれから22年。あれから22年が過ぎました。しみじみ、速いものです。

地震になれば誰もがじっとしてはいません。じっとしては居れないでしょう。地面が動くのですから。地響きを上げて怒涛のごとく攻めてくるナムチ軍にブッダは静かに右手を地面に触れました。その時に大地が裂けるような地震が起きたのでしょう。その大地震によって、すべてのナムチ軍が地割れの中に落ちていくなか、ただ一人、ブッダは坐禅したまま動きませんでした。動揺しなかったのです。

軍勢が四方を包囲し、悪魔が象に乗ったのを見たからには、わたくしは立ち迎えてかれらと戦おう。わたくしをこの場所から退けることなかれ。

 

スッタニパータ336

第二 小なる章

〈11、ラーフラ〉

336(ラーフラは答えた)、「しばしばともに住むのに慣れて賢者を軽蔑するようなことを、わたくしは致しません。諸人のために炬火をかざす人を、わたくしは常に尊敬しています。」
以上、序の詩

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
諸人のために炬火をかざす人――サーリプッタを指していっているのである。
 このような対話ののちに、ゴータマ・ブッダはラーフラに修行者としての心得をさとしたという。世俗社会の階位的秩序あるいは勢力関係が出家者の教団の内部に入り込むおそれは、仏教の最初期から存在していた。ゴータマ・ブッダはそれを恐れていたのである。
のちにラーフラはサーリプッタを尊敬するようになったらしい。ラーフラが成人して一人前のビクとなるときに、サーリプッタはかれが具足戒を受けるための戒師になったという。
 
以上註記より抜粋して引用した。

この父と息子との対話は、多くの示唆に富んでいます。まず父が子に対して質問をします。「あの人と一緒に暮らすのに慣れて、あの人を軽蔑するようなことはないか?尊敬しているか?」すると息子は「あの人と一緒に暮らすのに慣れて、あの人を軽蔑するようなことはありません。あの人を尊敬しています。」とオウム返しに返答しているのです。もちろんあの人とは舎利佛尊者のことです。質問の仕方や内容もさることながら、返答の方法が的確であり、現代のビジネスでいえばペーシング(ペースを相手に合わせること)を心得ています。つまり質問の意図にピッタリした返答で、無駄のない、会話や対話の極意ともいえるでしょう。

この場合の父親はブッダ釈尊ですから、質問の意図も適確です。修行者の集団であるサンガにおいて血統や派閥は無関係でありますが、釈尊の子供さんで元王子様という家柄を無視できない雰囲気もあったのでしょう。そうした雰囲気を一掃すべく、釈尊の一番弟子であり修行者の範たる舎利佛尊者をないがしろにしてはいないか、尊敬に値する人を尊敬しているかを確かめたかったのであります。

さて、昨日の質問と今日の返答で親子としてのいささか個人的な対話は終了です。いわば肝心要な箇所にまっすぐ釘を刺されたわけです。それも直球であります。ご丁寧に、わざわざ以上、序の詩とまで区切ってあります。質問は以上。返答も以上です。あっさりしたものです。この後の詩句は、他のお弟子さんにも説いて聞かせた内容と全く同じです。ただ違うのは、何度も何度も同じことを説かれたということぐらいです。何故でしょうか。

その答えは親であれば解りますから、あえてここでは申し上げません。ブッダは何も神様になったわけではありません。身も心も生身の人間でした。人間の情が消えて無くなったのではないのです。その情を捨てたのではなく、情をありのままに観て、情に流されない智慧を得ておられたのだと存じます。

お待ちかね(待ってね~かも)本日のキャンペーンは下記の動画です。(約3分)

(ラーフラは答えた)、「しばしばともに住むのに慣れて賢者を軽蔑するようなことを、わたくしは致しません。諸人のために炬火をかざす人を、わたくしは常に尊敬しています。」
以上、序の詩