タグ別アーカイブ: 三帰依文

スッタニパータ460

第三 大いなる章

〈4.スンダリカ・バーラドヴァージャ〉

460(師が答えた)、「それ故に、バラモンよ、あなたは求めるところがあって求めてきたのであるから、こちらに近づいて問え。恐らくここに、平安で、(怒りの)煙の消えた、苦しみなく、欲求のない聡明な人を見出すであろう。」

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた

三帰依文は

「南無帰依佛、南無帰依法、南無帰依僧。帰依佛無上尊、帰依法離塵尊、帰依僧和合尊。帰依佛竟、帰依法竟、帰依僧竟。」

上記をまとめると

「南無帰依仏無上尊、南無帰依法離塵尊、南無帰依僧和合尊。」となります。これで三句二十四字となります。また道元禅師は正法眼蔵の帰依仏法僧宝巻において『根本説一切有部毘奈耶』巻四十五』より引いて次のようにも示されています。

帰依仏陀両足中尊、帰依達磨離欲中尊、帰依僧伽諸衆中尊

これもまた三句二十四字(第四五七詩参照)となっています。漢訳の妙味であります。

今日の詩句は、ブッダがスンダリカさんに仏法の心髄を説いておられる重要な箇所であろうと思います。と申しますのは、「あなたは求めるところがあって求めてきたのであるから、こちらに近づいて問え」と言われたことです。「求めよ、さらば与えられん」新約聖書のマタイ伝の言葉と同じように(もちろん歴史的にはブッダが先に述べておられますが)、これは原則です。聞く耳を持たない者に、何を言っても意味がありません。「せっかく道を求めてここに来たのでしょうから、もっとそばに寄って私に質問したらどうだね」といった感じでしょうか、とにかく聞いてみて「こりゃダメだ」と思ったら去ればいいだけの話です。物を買わされることもありません。勧誘ではないのです。真剣に道を求めてここにやってきたということを、ブッダは誰よりもよくご存知であります。

そこで、「恐らくここに……人を見出すであろう」とさりげなく予言されているのであります。予言ではなく、期待かもしれません。期待でもなく願いであり慈しみかもしれません。道を求めている者にとって、真理を聞くことは類稀な喜びであり希望でありますが、その逆に真理に巡り会えないことは誠に残念なことと申し上げてよいでしょう。

「平安で、(怒りの)煙の消えた、苦しみなく、欲求のない聡明な人」とは、ブッダを指すことはいうまでもありません。あらゆる煩悩を離れ解脱している人です。もう一度先程の三帰依文、三句二十四字を見てみましょう。帰依を南無と言い換えても同じです。

帰依仏陀両足中尊、帰依達磨離欲中尊、帰依僧伽諸衆中尊(帰依三宝)

両足中尊とは、仏陀(ブッダ)の尊称です。生類には多足,無足,両足がいて、中でも両足のもの(神々と人間) が尊く、両足の者の中で最も尊い人という意味です。人天の師ということです。

離欲中尊とは、達磨(ダンマ)を尊ぶことです。世の道理と法則の中で、欲を離れることが最も尊く、そのために聡明な智慧をもってこれを実行すれば、怒りが消え、苦しみのない平安の境地が実現します。真理、真如、理法、仏法ということです。

諸衆中尊とは、僧伽(サンガ)の尊さです。世界の無数の集団、集いの中でも、仏教を実践する仲間ほど心強いものはありません。衆生というのは人間(衆)とその他の生類(生)のことですが、和合衆、すなわち慈悲の心で自分ができることに取り組んでいる人々は、時間空間を超えても友であります。勝友(しょうゆう)、和合尊ともいいます。

まことに仏に出会うことは稀有なことです。人に生まれたことは、それだけで尊ぶべき境涯であります。前生の功徳と申し上げておきましょう。そして仏法(仏の教え)にめぐり遭えたことは何にも代え難いことです。ましてやスンダリカさんは、ブッダその人に実際にお会いしたのです。その話でありますから、これは一言ももらさず聞いておきましょう。幸いにも今の私たちは文献でその言葉を読むことが出来ます。ただこの文字面を読み流してもいいのですが、それは縁の深浅の問題ですからあえて強調いたしませんが、今日の詩句は、寺の外観になぞらえて申せば、山門(三門)のようなものでしょう。門に入るか否か、むろん自由意志で決めることができます。いつでも門は開かれております。

立春や 寒中見舞い 遅かりし (月路)

無常迅速。はや立春ですよ立春。そういえば日が長くなってきました。六時で薄明るく、また薄暗くなります。このお寺では毎日自動的に正午ならびに午前と午後の六時に鐘が鳴ります。これが一番ありがたい。ものぐさのわたしの為にあるようなシステムです。しかしこれって一人でお寺を預かる者にとっては、超助かるんですよ、実際。

(師が答えた)、「それ故に、バラモンよ、あなたは求めるところがあって求めてきたのであるから、こちらに近づいて問え。恐らくここに、平安で、(怒りの)煙の消えた、苦しみなく、欲求のない聡明な人を見出すであろう。」

 

スッタニパータ457

第三 大いなる章

〈4.スンダリカ・バーラドヴァージャ〉

457「バラモンはバラモンと出会ったときには、『あなたはバラモンではあられませんか?』とたずねるものです。」

「もしもあなたがみずからバラモンであるというならば、バラモンでないわたしに答えなさい。わたしは、あなたに三句二十四字より成るかのサーヴィトリー讃歌のことをたずねます。」

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
サーヴィトリー――Sāvitri.『リグ・ヴェーダ』第三編第六二詩篇の一〇にある三句二十四字より成る詩で、太陽神サヴィトリSāvitrに対する讃歌である。この讃歌は普通はGāyatriと称せられ、特に重要な讃歌である。バラモンたちのあいだでは殊に神聖視され、今日に至るまでバラモンは毎朝この詩をとなえている。「サーヴィトリーはヴェーダの詩句のうちで最上のものである」(中略)。ところが仏教は、サーヴィトリーに相当するものとしての別の文句をもち出した。このサーヴィトリー詩と同様に、仏教徒が最初に学ぶべきものは
Buddhaṃ saraṇaṃ gacchāmi.(仏に帰依したてまつる)
Dhammaṃ saraṇaṃ gacchāmi.(法に帰依したてまつる)
Saṃghaṃ saraṇaṃ gacchāmi.(つどいに帰依したてまつる)
という三句二十四文字よりなる三帰依文である。今ここでサーヴィトリ―というのは、仏教のサーヴィトリ―である三帰依文を指す、と註釈は解する。
 
以上註記より引用した。

ぶっだん さらなん がっちゃーみ (南無帰依仏)

だんまん さらなん がっちゃーみ (南無帰依法)

さんがん さらなん がっちゃーみ (南無帰依僧)

仏陀(ブッダ)と達磨(ダンマ)と僧伽(サンガ)に帰依する三帰依文(さんきえもん)ですが、三宝に帰依する内容です。世界中の仏教徒の集まりで唱和することが多いですから覚えておくとよいと思います。

今日の詩句の内容は、ブッダの前の詩句を受けて、スンダリカ・バーラドヴァージャさんが行った返答とそれに続いてのブッダの再返答です。少しややこしく感じられるかもしれませんが、バラモンの特に重要視している讃歌を「三句二十四字」と端的に言い表したことで、スンダリカさんの態度が一変します。日本的にいえば、「三帰依とは何か」と返答したようなものでしょう。信教の本質に見事に迫ったのであります。以後の問答はスンダリカさんの質問にブッダが一つ一つ答えるのでありますが、この問答の内容が一人のバラモンを根本から変えていきます。

達磨(理法)というものが、ブッダによって説かれ、その教えを実行する者の集いがサンガであります。この基本的な道理によって仏教というものが成り立っています。昨日ある禅宗のお坊さんから連絡を頂きました。話の中身が明確で、ともに力を合わせていこうという仕儀に相成りました。これからどうなるかは皆目わかりませんが、残された人生を静かに歩み続けたいと思います。

「バラモンはバラモンと出会ったときには、『あなたはバラモンではあられませんか?』とたずねるものです。」「もしもあなたがみずからバラモンであるというならば、バラモンでないわたしに答えなさい。わたしは、あなたに三句二十四字より成るかのサーヴィトリー讃歌のことをたずねます。」