タグ別アーカイブ: 仏教徒

スッタニパータ457

第三 大いなる章

〈4.スンダリカ・バーラドヴァージャ〉

457「バラモンはバラモンと出会ったときには、『あなたはバラモンではあられませんか?』とたずねるものです。」

「もしもあなたがみずからバラモンであるというならば、バラモンでないわたしに答えなさい。わたしは、あなたに三句二十四字より成るかのサーヴィトリー讃歌のことをたずねます。」

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
サーヴィトリー――Sāvitri.『リグ・ヴェーダ』第三編第六二詩篇の一〇にある三句二十四字より成る詩で、太陽神サヴィトリSāvitrに対する讃歌である。この讃歌は普通はGāyatriと称せられ、特に重要な讃歌である。バラモンたちのあいだでは殊に神聖視され、今日に至るまでバラモンは毎朝この詩をとなえている。「サーヴィトリーはヴェーダの詩句のうちで最上のものである」(中略)。ところが仏教は、サーヴィトリーに相当するものとしての別の文句をもち出した。このサーヴィトリー詩と同様に、仏教徒が最初に学ぶべきものは
Buddhaṃ saraṇaṃ gacchāmi.(仏に帰依したてまつる)
Dhammaṃ saraṇaṃ gacchāmi.(法に帰依したてまつる)
Saṃghaṃ saraṇaṃ gacchāmi.(つどいに帰依したてまつる)
という三句二十四文字よりなる三帰依文である。今ここでサーヴィトリ―というのは、仏教のサーヴィトリ―である三帰依文を指す、と註釈は解する。
 
以上註記より引用した。

ぶっだん さらなん がっちゃーみ (南無帰依仏)

だんまん さらなん がっちゃーみ (南無帰依法)

さんがん さらなん がっちゃーみ (南無帰依僧)

仏陀(ブッダ)と達磨(ダンマ)と僧伽(サンガ)に帰依する三帰依文(さんきえもん)ですが、三宝に帰依する内容です。世界中の仏教徒の集まりで唱和することが多いですから覚えておくとよいと思います。

今日の詩句の内容は、ブッダの前の詩句を受けて、スンダリカ・バーラドヴァージャさんが行った返答とそれに続いてのブッダの再返答です。少しややこしく感じられるかもしれませんが、バラモンの特に重要視している讃歌を「三句二十四字」と端的に言い表したことで、スンダリカさんの態度が一変します。日本的にいえば、「三帰依とは何か」と返答したようなものでしょう。信教の本質に見事に迫ったのであります。以後の問答はスンダリカさんの質問にブッダが一つ一つ答えるのでありますが、この問答の内容が一人のバラモンを根本から変えていきます。

達磨(理法)というものが、ブッダによって説かれ、その教えを実行する者の集いがサンガであります。この基本的な道理によって仏教というものが成り立っています。昨日ある禅宗のお坊さんから連絡を頂きました。話の中身が明確で、ともに力を合わせていこうという仕儀に相成りました。これからどうなるかは皆目わかりませんが、残された人生を静かに歩み続けたいと思います。

「バラモンはバラモンと出会ったときには、『あなたはバラモンではあられませんか?』とたずねるものです。」「もしもあなたがみずからバラモンであるというならば、バラモンでないわたしに答えなさい。わたしは、あなたに三句二十四字より成るかのサーヴィトリー讃歌のことをたずねます。」

スッタニパータ376

第二 小なる章

〈14.ダンミカ〉

わたくしが聞いたところによると、──あるとき尊き師(ブッダ)はサーヴァッティー市のジェータ林、〈孤独な人々に食を給する長者の園〉におられた。そのときダンミカという在俗信者が五百人の在俗信者とともに師のおられるところに近づいた。そして師に挨拶し、かたわらに坐った。そこで在俗信者ダンミカは師に向かって詩を以て呼びかけた。

376 「智慧ゆたかなゴータマ(ブッダ)さま。わたしはあなたにお尋ねしますが、教えを聞く人は、家から出て出家する人であろうと、また在家の信者であろうと、どのように行うのが善いのですか?

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
教えを聞く人――sāvaka.パーリ語でsāvaka,サンスクリットで srāvaka は、もとは単に「教えを聞く人」「弟子」という意味であった。ところが、後代の仏教では、伝統的保守的仏教を奉ずる忠実な出家修行僧の意味に解せられ、漢訳仏典では「声聞」(しょうもん)と訳される。これに対して、ジャイナ教では、ArdhamAgadhi 語でsAvagaとなり、在俗信者のことをいう。後代の仏教でも、後代のジャイナ教でも、この後の意義が一方に特殊化され限定されたのであって、もとは両者を含んだもの、「教えを聞く人」というだけの意味のものであったと解される。
その変遷の過程は、次のごとくである。教えを聞く人々のうちには、出家者(anAgAra,pabbajita)すなわちビク(bhikkhu 比丘)と在家者(agArin,gahattha)すなわち在俗信者(upAsaka)と二種類あった。(中略)在俗信者でも〈教えを聞く人〉(sAvaka)であったのである。ところが教団が発展して、教団の権威が確立すると、出家修行者は在俗信者に対して、一段と高いところに立つようになる。他方、在俗信者は一段と低いものと考えられる。そこで、「教えを聞く人」とは、教団で集団生活をしている出家修行者にのみ限られるようになった。しかしそれは、後世になってから意義が変化したのである。そうして、ある時期から在俗信者は「仕える人」(upAsaka)と呼ばれるようになった(『スッタニパータ』の韻文の中ではupAsakaという語は第三七六、三八四詩にのみ出てくる。しかしマウリア王朝時代およびそれ以後の碑文にupAsaka,upAsikaとあれば、ほとんどすべて仏教の在俗信者のことである)。すなわち、出家修行者に対して仕える人なのである。〔この点はジャイナ教の場合でも同様で、在俗信者をupAsaga=upAsakaと呼ぶ。〕ここでは階位に関する僧俗の分裂がはっきりと意識されるに至ったのである。以上の変化に対応して、ジャイナ教でも同様の変化が見られる。古い聖典(例えばUvAsagadasAo)では「仕える人」(uvAsaga)と呼んでいる。

以上註記より抜粋して引用した。

ここで明確にしておかなければならないことは一つです。それは出家であろうが在家であろうが立場は違っても上下の関係にないということです。これは後代の仏教が権威付けのために行った制度に過ぎないという事実です。ここをはきちがえると大変なことになるどころか、教えを冒涜することになろうと思います。縁あって修行者となる人も、縁あって在家に留まる人も共に仏教徒であることに何ら変わりないことを強調しておきたいと存じます。

さて、今日から始まるこの節は本章の最後の部分にあたります。いわば結論的に具体的な仏教徒のあり方を問い、またブッダが詳細にその内容を示されております。この節だけを読んでも一通りの仏教徒の在り方が理解できるようにまとめられていると申し上げてよろしいかと存じます。

それにしても500人もの在俗信者を引き連れてきたこのダンミカなる方は凄い方ですね。現代でいえば、講演会場に500人集めて話を聞きに来たようなものです。修行僧だけではなく、在家信者もたくさんおられた。そういうカリスマ性があったといえばそれまでですが、メディアの広告もインターネットもない時代です。どうやって集めたのかと不思議ですが、やはり口コミでしょうね。善いものは善い。そして知らずに伝わる。それが2500年間も続いている。驚きです。

「智慧ゆたかなゴータマ(ブッダ)さま。わたしはあなたにお尋ねしますが、教えを聞く人は、家から出て出家する人であろうと、また在家の信者であろうと、どのように行うのが善いのですか?