タグ別アーカイブ: 只管打坐

スッタニパータ433

第三 大いなる章

〈2.つとめはげむこと〉

433 (はげみから起る)この風は、河水の流れも涸らすであろう。ひたすら専心しているわが身の血がどうして涸渇しないであろうか。

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
この風――苦行による激しい呼吸。

専心している――pahitattassa,つとめて自己を専注すること。

以上註記より引用した。

激しい呼吸をしていると手足が痲れてきます。一般には過呼吸というもので、荒行の一つです。血液がアルカリ性に変わり、血液中の酸素の量が増え二酸化炭素の量が減ります。たちまちには死に至らないようですが、動悸、息苦しさ、眠気、激しい耳鳴り、悪寒などに苛まれます。河水の流れというのは血流のことです。血流が涸れるというのは、心臓の鼓動が止まる、すなわち死を意味します。何もそこまでと、ナムチならずとも思ってしまいますが、なぜ荒行を重ねたのかという理由が次の詩句からつぶさに述べられていきます。

ひたすら専心しているということは、道元禅師の言葉を借りれば「只管打坐(しかんたざ)」ということです。ただひたすらに坐禅に打ち込む。昨日添付しました釈迦苦行像をみれば一目瞭然です。背筋を伸ばし、何が起ころうとも心を動かさず、ひたすら結跏趺坐している。骨と皮ばかりになりながら、何も食べず、飲まず、荒行中の荒行である坐に徹しきっておられます。黙って、じっとしているほど辛いことはありません。安楽の法門といわれますがそれは後世のこと。足が痛くなるのを通り越して、足の皮が腐り出します。肩が凝るのを通り越して、血が真っ青に固まってしまいます。何度も心臓が止まるのがわかる。

一番の難関が眠気との戦いです。睡魔が襲ってまいります。この大軍は遥かに強力な戦隊であります。矢継ぎ早に襲ってきて苦しめます。一人で坐禅をするとわかるのですが、空腹とか喉の渇きや足の痛み、肩の辛さや、腰の重さとは比べものにならないほど、眠気には負けそうになるものです。怠惰と対極にあるものが精励ということです。怠惰は悪魔と同義です。ナムチの軍勢は、あの手この手を使って苦行者ならずとも精励している者を滅ぼそうと手ぐすね引いています。少しの隙きをついて怒涛のごとく押し寄せる大軍勢に、ほとんどの人々はあっさりと陥落してしまうのであります。

暦みて 吉祥なるか 初薬師 (月路)

昨日まで初祈祷の御札などと一緒に「吉祥暦(きっしょうれき)」というものを配っておりました。一枚広げて見たのですが、江戸時代に流行した昔ながらのもので、今風にいえばカレンダーなのですが、本だとどこかへしまい忘れてしまいますが、壁に貼っておくと何かと便利です。古希まであと六年。えらい年寄りになったのかなあと思わずにはいられません。昭和32年生まれの人が今年は還暦ですよ。感慨深いものがあります。自分では今でも青春だと思ってはいますが、だいたい考えることや思うことが年寄り臭くなってきたことは確かです。そうは言ってもわたしにも目標というものがあります。そうそうナムチ君とつきあってもおれません。今日は初薬師。薬師如来は無明という病気をなおす仏さまです。大乗仏教が御利益信心みたいに思われている向きもありますが、無明すなわち迷いを捨てる薬は自身の精励(はげみ)以外にないことを改めて教えてくれています。

↓朝の爽やかさと同じ爽快な気分になりました。吹石一恵さん風?

(はげみから起る)この風は、河水の流れも涸らすであろう。ひたすら専心しているわが身の血がどうして涸渇しないであろうか。

スッタニパータ332

第二 小なる章

〈10、精励〉

332 起てよ、坐れ。平安を得るために、ひたすら修行せよ。汝らが怠惰でありその〔死王の〕力に服したことを死王が知って、汝らを迷わしめることなかれ。

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
平安――santi.
 
死王――maccurAja.悪魔(MAra)というのに同じ。
「起てよ、坐れ」というのは、物理的生理的な意味に解するならば矛盾している。しかし「起てよ」というのは、ここでは「しっかりせよ」という意味である。
 
以上註記より抜粋し引用した。

坐禅にも段階があります。四禅から四向四果へと続く平安へ至る道が用意されておりますが、ここでは最初の段階について述べられているようです。が、果たして、怠惰という悪魔の誘いは至る所にその火口を覗かせています。悪魔が修行者を迷わせるというのは擬人法であって、怠惰の主体はいつも自分であることに変わりありません。しかしながらブッダは修行者の尊厳を損なう言葉を敢えて避け、このように表現されているのでありましょう。

たとえば眠ってしまった修行者に対して、悪魔の力に屈服したから、迷いのうちに怠惰となったのであろう。もう一度、修行の道を歩みなさい。ひたすら修行しなさい。平安を得ることが目的なのであるから、と優しく叱咤激励されているのであります。このひたすら修行することを後世に「只管打坐」(しかんたざ)と申し上げております。

よく坐禅と冥想の違いは何ですか、という質問をいただくことがあります。どちらも漢字ですから全く違うという回答もあれば全く同じであるという回答もあります。ブッダが説かれたのは日本語で言えば、結跏趺坐して坐り、手を足の上に乗せて組み、姿勢を正して、吐く息、吸う息に集中しなさいというものであります。ブッダ以前からの伝統的修行スタイルであったヨーガと外観は何も変わりません。時代が下って中国に仏教が伝わった(北伝漢訳仏教)時と近代に至って英語のmeditationを翻訳した瞑想や冥想を使って、サマタ(止)やヴィパッサナー(観)瞑想などと呼ぶ上座部(南伝仏教)系との表現の違いに過ぎません。頭のなかで、また少々の形式の伝統的違いを殊更大袈裟に取り上げて、坐禅が正しいだの瞑想が本物だのと御託を並べているのですが、あまりにも馬鹿げたことです。

ブッダが坐れと仰有っているのは、坐って禅定を楽しみ戒律を守りつつ智慧を得なさい、それが修行ですよ、と。これだけです。ですから坐禅を瞑想と言い換えても、それは目くじらを立てるほどのことではありませんが、坐る姿勢と禅定の境地という意味では、坐禅の方が分かりやすく素直であり伝統的な表現であることは確かです。漢字としては。

さらに私は道元禅師様が日本に伝えられた坐禅の方法しか知りませんし、サマタ瞑想とヴィパッサナー瞑想に分けることもありません。天台の止観がどうのこうのというのも、興味があれば調べられても良いと思いますが、わたしは兼修(いろいろな修行スタイルを兼ねて学ぶこと)を勧めません。只管打坐で十分であります。ようは、実行が先です。まず坐る習慣の無い人に理論的な話をする気には到底なれないのが正直なところです。

日本僧侶」で検索したら秀逸な動画発見、これは必見!

起てよ、坐れ。平安を得るために、ひたすら修行せよ。汝らが怠惰でありその〔死王の〕力に服したことを死王が知って、汝らを迷わしめることなかれ。

スッタニパータ285

第二 小なる章

〈7、バラモンにふさわしいこと〉

285 バラモンたちには家畜もなかったし、黄金もなかったし、穀物もなかった。しかしかれらはヴェーダ読誦(どくじゅ)を財産ともなし、穀物ともなし、ブラフマンを倉として守っていた。

〈中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より〉


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
ブラフマン――brahmam.古くはヴェーダのことばを意味し、転じて「神聖なもの」或いは「絶対者」を意味するに至った。

以上註より引用した。

後世の仏教で「梵天」と呼ばれるブラフマン、〈梵天(ぼんてん)は、仏教の守護神である天部の一柱。古代インドの神ブラフマーが仏教に取り入れられたもので、十二天に含まれる。brahmanの音写。〉とされています。ヒンドゥー教ではブラフマーといいます〈三最高神の一人で、世界の創造と次の破壊の後の再創造を担当している。 ヒンドゥー教の教典にのっとって苦行を行ったものにはブラフマーが恩恵を与える〉とされています。

こういう知識は、それを知ったからといって自らを清めることはありません。これを勘違いして崇拝によって何かを得ようとしても、すなわち独善的な信仰によって得られるものは、極論すれば自己満足に過ぎないとさえ思いますが、言い過ぎでしょうか。

それはともかく、ここでの大切な角目は、もともとバラモンたちは清貧であったことです。家畜も黄金も穀物も財産というものを所有することがなかった。無所有ということです。しかしながら彼らには「ヴェーダ」という神々の言葉を読誦するという仕事(聖職)があり、これが唯一の財産でありました。神々の言葉を唱えることは、神の思召という蔵を守ることであり苦行者であると共に伝導者でもあったのです。

仏教においても多くの僧侶は従来清貧であり、寺を私物化することなく、個人の所有などは何もなく、お経を読誦するという仕事があり、これが唯一の生活の糧でありました。お経を唱えることは、教えとその実践の場である寺を護り、修行者であるとともに伝道者でもあったのです。

無所有こそ無尽蔵であるといえます。所有すれば限定されるわけです。物だけではありません。あらゆる観念を持たないことを無所有と申します。握りしめないで手放すことです。物でも徹底的に断捨離すれば驚くほどに爽快です。このように心の中の不要物を徹底的に整理しましょう。整理とは要らないものを捨てることです。人員整理ならぬ人心整理であります。それが無限であり非限定であります。

たくさんのゴミが入っています。余計なものがいっぱい詰まっています。まるで心のゴミ屋敷。その最たるものが言葉です。言葉で苦しみ言葉で悩んでいます。言葉で怒り、言葉で愚痴る。一切の言葉を捨てることはできませんが、頭の中での言葉の洪水を止めること。これが無言の本当のすがたです。ただ口に出さないのは不言といいます。不言実行などといいますね。それを一歩すすめて「無言実行」というのはいかがでしょう。頭の中で一々考えない、念(気づき)さえも行わない、あれこれと想念をめぐらさない、心の観想も行わない、そういったテクニックを一切弄さずに、ただ身体の姿勢にのみ気をつけている様子。言葉に出来ないものが「真如」であり坐禅であります。そこには悟りたいとか善いも悪いもありません。ただ右にも左にも前にも後ろにも傾かない。重くも軽くもない、何にもこだわらない、言葉に一切とらわれない様子があるだけです。これを「非思量」といい坐禅の要諦であります。無言実行は「只管打坐」(しかんたざ)、ただひたすら坐るだけの最もシンプルな仏道であります。

バラモンたちには家畜もなかったし、黄金もなかったし、穀物もなかった。しかしかれらはヴェーダ読誦(どくじゅ)を財産ともなし、穀物ともなし、ブラフマンを倉として守っていた。