タグ別アーカイブ: 妄執

スッタニパータ558

第三 大いなる章

〈七、セーラ〉

558 わたしは、知らねばならぬことをすでに知り、修むべきことをすでに修め、断つべきことをすでに断ってしまった。それ故に、わたしは〈さとった人〉(ブッダ)である。バラモンよ。

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
仏教教学では、知、断、証、修の四つをまとめて説くのが型となっているが、ここでは「証」が説かれていない。つまり型式化する以前の段階のものであることを示す。

以上註記より引用しました。

仏教教学以前に釈尊の教えがあり、釈迦滅後に経・律・論が整備されてくると、いわゆる教学というものが次第に整然としたものになっていったのですが、いわゆる悟りというのは、証悟というように「証」そのものであります。そこからすると、さほど「証」が説かれていないともいえません。

四聖諦ししょうたいの真理を知り、八正道の実践を修め、妄執を完全に断ち、それ故に覚者と成ったのですから完璧であります。どこにも欠けたところがありません。さとりを開いた、ゆえに私は仏陀であると名乗らざるをえないのです。謙遜せざるを得ない我々とは天地ほどの差があります。ここを勘違いしてはなりません。これほど堂々と理路整然とした宣言はないのでありました。

 参拝記念ご朱印ガールならずとも

御朱印帳がインターネットでも買える時代です。「ご朱印ガール」なる女子たちがおられるそうで全国の寺社仏閣を訪れているとか。わたしもサンプルをパソコンで作ってみました。この御朱印には、ある程度の決まりがありまして、真ん中に御本尊を書いて、右上には奉拝と、その下に参拝日を書きます。左下に山号や寺院名を書きます。丁寧に書くも良し、太く細く特長を活かして揮毫する寺院が多いと思います。所定の箇所に三宝印や札所印あるいは山号印、寺院の印鑑を押して完成です。ご朱印帳に書きますから失敗は許されません。記念スタンプを自分で押してもらうのと違って、たいへん緊張します。慣れてくると一度に何十冊書いても平気なこともあるでしょう。参拝者が多い寺院や神社は大変です。平筆で書いている人も多いですね。横で見ている分には簡単そうですが、意外と同じように何枚も書くというのは難しいものです。慣れといえば慣れですが、考え事でもしていようものなら、これ以上は余りに恐ろしいことですから申し上げません(笑い)。

わたしは、知らねばならぬことをすでに知り、修むべきことをすでに修め、断つべきことをすでに断ってしまった。それ故に、わたしは〈さとった人〉(ブッダ)である。バラモンよ。

スッタニパータ441

第三 大いなる章

〈2.つとめはげむこと〉

441 或る修行者たち・バラモンどもは、この(汝の軍隊)のうちに埋没してしまって、姿が見えない。そうして徳行ある人々の行く道をも知っていない。

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた

ナムチの軍隊に埋没してしまって姿の見えない修行者とバラモン。欲望を先陣とする数々の軍隊にすっかり滅ぼされた者たちは、もう修行者でもバラモンでもない。それで姿が見えない。攻撃に破れ沈み消されてしまったわけであります。

なんとも凄い言い方ですが、結局ナムチ軍に勝てるものはほんの一握り、いや勇者というのは全く稀有であります。これは現実をありのまま表現しているのでありますから誰もこれを否定しえません。

修行などと軽く口にも出せないのか?

後に仏教は聖道門と浄土門に大別されることになります。私はこの分類にはほとんど意味がないと思っておりますが、とにかく自力と他力といった考え方が現れることになります。そもそもブッダ釈尊は自力や他力どころか、そういう仏教的なことは何も仰っていないのです。ブッダの話を聞いた人が、私はこのように聞きましたという話を体型的に分類整理していったものが後代に仏教として伝えられたわけです。それを否定しようというのではありませんが、肯定しすぎると的が外れていきますよということだけは申し述べたいと思います。

今日の詩句だけを見れば、欲望や妄執などに打ち勝てる者はほとんどいないのが現状なのですが、それでは修行に意味が無いのかといえば、それは全く違います。爪の垢でも煎じて飲めばよろしい。完全な人など居ないというのは事実ですが、完全なものを求めているのも事実です。だれだっていい加減な人間を信用しないのと同じことです。素晴らしい人がいる。そういう人が現実にこの世に居た。それだけでも救いであります。宗教はそういう完全な人、あるいは絶対的な存在に帰依したいという欲望であります。それは一言でいえば幸せになりたいとか幸せでありたいといった純粋な希望でありましょう。

聖道門というのは悟りの仏教、これを自力といっています。浄土門というのは救いの仏教、これを他力といっています。この分類に意味が無いと思うのは、悟りも救いも自力も他力も分ける必要がないと思うからです。たとえば南無阿弥陀仏と念仏するのは自力であり他力であります。念仏をお唱えするということ自体が自力ですし、それで救われるのですからこれは他力である。坐禅や唱題とて同じ。やらなければ何にもならないし、決して自己満足ではないでしょうし、坐禅や唱題をしたからといって何にもならないなら誰もしないでしょう。

全て意味はあるのです。ただわからないだけです。真理がわかったということは何も解っていない証拠です。わかるわけがない。そう思って正解。小難しい理屈や妙に説得力のある解説に少し気分がよくなる程度だと思っておきましょう。自惚れや他惚れ?に気をつけましょう。徳行ある人々の行く道というのは、いわゆる天上、極楽、お浄土への道のことです。そうした道も知らない、知っていない、知ろうともしないナムチの下僕になるなと申されております。しかしナムチは知っているのです。だからそれを断念させようと躍起です。

一つでも 貫けば善し 寒の入り (月路)

ブッダのように完全を貫くことは無理です。しかしながらブッダの爪であるところの優しさ、慈悲のかけらでも実行しましょう。それだけでも凄いことなんですよ、実際。謙遜というのは、自分を小馬鹿にした言葉ではありません。こんな私でも何か出来ることをさせてもらいたいという謙虚で慎ましい姿勢と態度であると思います。うちの檀家さんで、金銭的には何も出来ないと言われつつ、奉仕作業に朝早くから熱心に取り組まれる方がおられます。頭が下がります。指先の感覚がなくなるほどの冷たい水で洗い物をされている姿。人が見ていないなか神社の落ち葉をかき集めておられる姿。いつのまにか、お地蔵さんに供えられている野に咲く花。観音様に供えられていた十円玉。どれも真心。これが信心。年いったのでしょうか、やたらと涙もろくなってきました。不言実行。徳行。やっぱいい言葉やね。

或る修行者たち・バラモンどもは、この(汝の軍隊)のうちに埋没してしまって、姿が見えない。そうして徳行ある人々の行く道をも知っていない。

スッタニパータ436

第三 大いなる章

〈2.つとめはげむこと〉

436 汝の第一の軍隊は欲望であり、第二の軍隊は嫌悪であり、第三の軍隊は飢渇であり、第四の軍隊は妄執といわれる。

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
嫌悪――原文にはaratiとあるが、パーリ原典協会のパーリ語辞典の解釈に従う。註にはadhikusalesu dhammesu arati=abhiratiと解す。

第四の軍隊としての「妄執」(taṇhā)の原語はもともと渇を意味するが、ここでは第三の軍隊を「飢渇」(khuppipāsā)と呼んでいるから、taṇhāと「渇」(pipāsā)とは別の概念である。taṇhāは人間存在の奥にある意識下の、衝動的なものであるが、pipāsāは生理的な概念である。

以上註記より抜粋して引用した。

つぎの詩句では、ものうさ・睡眠、恐怖、疑惑、見せかけ・強情、さらには利得・名声・尊敬・名誉、また自己を褒め讃え他人を軽蔑すること、と続きます。これらはナムチの軍勢であると喝破されるのであります。いかがでしょうか。なにも言えません。人間に巣食う本質にみごとに迫っています。これはブッダが発見されたものではありません。だれにでもある人間性ですし、ブッダ自身のなかに存在していたものです。それを明確にされた。よく勘違いしてしまう態度に、自分はそうではない、人々がそうだという奢りがだれにでもあるものです。その部分が一番大事で、哲学的に本質を見定めることが目的ではありません。現実に、これらの軍勢を打ち破らなければ、解脱など遠い夢のような話で自分には全く関係ないことになってしまいます。

まず今日は、第一から第四の軍勢を肝に銘じておきたいものです。欲望が第一です。全ては欲望に帰一します。全部自己の欲望から派生したものばかりです。だれでも自分が一番大事です。それを一言でいってしまえば、「欲望」なのです。この欲望をしっかり見つめることから始めたいものです。ついで嫌悪。自分が可愛いゆえの嫌悪、人の欠点が見えてしまう、嫌だと思うことです。これについては他人の悪口をいうのが証拠でしょう。胸が痛みます。さらに飢渇。飢えと渇き。腹が減った、喉がかわいた。なんでもないことのようですが、食べ物、飲み物によって自分の身体が出来ています。口にするものが人間を維持しているのですが、これに貪欲であるとどうなるか。結果は歴然としております。少欲知足。足るを知らなければ、大変なことが待っています。ときには断食をすることも必要かもしれません。そして妄執。妄想と執著。この大軍勢は難敵です。この妄執が生え抜きの精鋭部隊ですから、ここまでであっさりと陥落してしまいます。

餅が割れ 鏡開きぞ 何しとる (月路)

正月もはや半ば。時は急流。もろい筏にのって竿をさしておりますと、転覆どころか筏ごとバラバラになってしまいそうです。年末にやり残したことを、まあいいやとそのままにしておいたつけが、いつやってくるかとハラハラしながら目移りばかり。困ったものです。何かに集中していると、これは後でいいや、放おっておこうと思い、事実そのままにしておく。悪い性格が最近もろに出ています。反省と謝罪。どこかの国のようですが、これも欲望ですね。第一の軍勢だけで充分です。わたしを倒すのは。今日はここまで、また明日。

汝の第一の軍隊は欲望であり、第二の軍隊は嫌悪であり、第三の軍隊は飢渇であり、第四の軍隊は妄執といわれる。

スッタニパータ355

第二 小なる章

〈12、ヴァンギーサ〉

355 師は答えた、「かれはこの世において、名称と形態とに関する妄執を断ち切ったのである。長いあいだ陥っていた黒魔の流れを断ち切ったのである。」五人の修行者の最上者であった尊き師はそのように語られた。

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
黒魔――註にしたがって解す。

五人――ブッダがさとりを開いたあとで、ベナレスの郊外の鹿野苑で最初に説法したとき、教えを聞いた五人の修行者。ブッダはかれらにとっての上首であると考えられた。註に引く一説による。
 
以上註記より抜粋して引用した。

世尊は五人の最上者である(bhagavā pañcaseṭṭho.)

まことに翻訳とは難しいもので、上記タイトルの言葉だけをとっても解釈の分かれるところです。一つは五人の中の一人が世尊であるとし、または五人の師が世尊とするものです。有名な初転法輪(世尊がベナレス郊外の鹿野苑で共に修行を行った五人の修行仲間に最初の説法を行ったこと)を指すとの見解が多いと思います。

それはともかく、ブッダ釈尊(世尊)は、ついに答えられます。

かれはこの世において――ヴァンギーサの師であるカッパ尊者は、生きている間に

名称と形態とに関する妄執を断ち切った――ラベルとスキーム、すなわち名付けた言葉と姿かたちでである枠組みに対するあらゆる妄想と執着(渇愛)を断ち切った

長いあいだ――何度も生まれ変わって、生まれる前からと生まれた後の気の遠くなるほどの時間。生と死をくりかえし。

陥っていた黒魔の流れを断ち切った――暗黒(暗闇)の中で、すなわち何も解らないでいたが、ついに光の中に脱出した

渇愛を捨て、無明を克服した。すなわち解脱したということであります。

まことに仏教とは、解脱を目指す道であります。これがブッダ釈尊の智慧であり、慈悲であることは申すまでもありません。生死(しょうじ)を離れて、苦しみからの真の脱出を遂げるのであります。それには毎日の修行しかありません。

師は答えた、「かれはこの世において、名称と形態とに関する妄執を断ち切ったのである。長いあいだ陥っていた黒魔の流れを断ち切ったのである。」五人の修行者の最上者であった尊き師はそのように語られた。

 

スッタニパータ211

第一 蛇の章
<12、聖者>

211 あらゆるものにうち勝ち、あらゆるものを知り、いとも聡明で、あらゆる事物に汚されることなく、あらゆるものを捨て、妄執が滅びて解脱した人、ーー諸々の賢者は、かれを〈聖者〉であると知る。

〈中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より〉


 

自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた

これから当分の間は、諸々の賢者が聖者であると知る人物の資質が列挙されます。

  • あらゆるものに打ち勝っている。
  • あらゆるものを知っている。
  • いとも聡明である。
  • あらゆる事物に汚されていない。
  • あらゆるものを捨てている。
  • 妄執が滅びて解脱している。
  • 智慧の力がある。
  • 戒めと誓いをよく守っている。
  • 心がよく統一している。
  • 瞑想(禅定)を楽しんでいる。
  • 落ち着いて気をつけている。
  • 執著から脱している。
  • 荒れたところがない。
  • 煩悩の汚れがない。
  • 独り歩んでいる。
  • 怠ることがない。
  • 非難と賞賛とに心を動かさない。
  • 音声に驚かない獅子のようである。
  • 網に捉えられない風のようである。
  • 水に汚されない蓮のようである。
  • 他人に導かれることがない。
  • 他人を導く人である。

まだまだ続きますが、今日はこのぐらいにして一つ一つじっくりと見てまいりましょう。ブッダが如何に特別な存在であるかがわかるというものです。ウンザリせずに、ただの一つでも我が姿勢としたいものです。

ブッダは完全な存在です。人間でありながら完全となられた聖者です。私たちは遠く及びません。元々の神々ならば当たり前ですから敬いはしますが申し訳ないのですが尊敬には程遠いのです。

個人的に私は「音声に驚かない獅子のように」をモットーに生きていきたいと思っています。これも執著かもしれませんが、まずは少々のことでクヨクヨせずに、のんびりどっしり腰を据えていたいと思います。まあ雑音にビックリしているようじゃ、まるで獅子ならぬ猫ですから。

あらゆるものにうち勝ち、あらゆるものを知り、いとも聡明で、あらゆる事物に汚されることなく、あらゆるものを捨て、妄執が滅びて解脱した人、ーー諸々の賢者は、かれを〈聖者〉であると知る。