タグ別アーカイブ: 安穏

スッタニパータ425

第三 大いなる章

〈2.つとめはげむこと〉

425 ネーランジャラー河の畔(ほとり)にあって、安穏を得るために、つとめはげみ専心し、努力して瞑想していたわたくしに、

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
つとめはげむこと――padhāna.主として精神的な努力精励をいう。ここにえがかれていることは、諸伝説と対照して考えると、成道以前のブッダが悪魔と戦ったことをいう。

425 ネーランジャラー河――ネーランジャラー(Nerañjarā)河はサンスクリットではナイランジャナ(Nairañjarā)河といい、漢訳仏典では「尼連禅河」などと音写されている。この河は現在パルグ(Phalgu)と呼ばれている。この河がブッダガヤーの近くを流れているが、ゴータマはそのほとりのウルヴェーラー(Uruvelā)で苦行を修したと伝えられている。これは現在のUrel村にその名を残している。
 
以上註記より引用した。

本年の最後を締めくくるに相応しい新しい節に入りました。精勤経と呼ばれるこのお経は前節の出家経に続くものです。出家したゴータマ菩薩(成道以前の釈尊)が端坐六年と呼ばれる坐禅に精励されていたころに、内面に悪魔が現われます。尼連禅河(にれんぜんが)のほとりにて安穏を得る目的で修行されていたのです。昨日にもありましたように、安穏を得るためには出離を実行する以外ありませんが、今日の解説にもありますように、精神的な努力精励が主でありました。努め励み専心することを後に「精進」と呼ぶようになるのですが、言葉のイメージが先行すると抹香臭くなるかもしれません。

精神的に進むことが本来の「精進」の意味です。精神的に成長するために努力するわけです。ところで現実にどうやって努力するかといえば、専ら坐禅しかないのです。当時、出家者の修行というのはヨーガ修行が中心でした。坐禅のスタイルはヨーガのそれと何ら変わりません。外観からすれば全く同様です。現代で言えば瞑想(Meditation)とかマインドフルネスと呼ばれている内容も古来からの言葉であらわせば坐禅であります。これは外観が坐っていて内面は禅定を楽しんでいるものです。禅定とは三学の一つに位置づけられていますが、それは時代が下ったあとでの便宜上の学問的分類に過ぎません。とまれ坐禅はその三学の全てをあらわすのに最も都合の良い言葉なわけです。中村元先生の訳では「瞑想していた」となっていますが原語はjhāyantamですから禅定もしくは坐禅していたというのが従来からの翻訳でありましょう。瞑想という語はmeditationと英訳されたものを和訳して瞑想としたものです。どちらでも元々は同じですが、現在は馬鹿みたいに区別しているようです。

最近では坐禅を英訳するとZAZENと出てまいります。カラオケと同じでそのままの音訳が一番正確でありましょう。Zen meditationでは、本来の意味が通じません。なぜなら禅という一字には何の意味もないからです。 jhāna, ジャーナを禅那と音訳したものと、意味を示す定(じょう)を合せて禅定としものです。禅宗も元は坐禅ばかりしている宗派を坐禅宗とし、後に坐を省略して禅宗と呼んだに過ぎません。こんなことは余計な知識が修行を妨げているために、一々取り上げて説明していますが、勘違いしてほしくないために老婆心でちょっと解説してみただけであります。どうか忘れてください。

蟠り 忘れたしとて 大晦日 (月路)

今日切に申し上げたいことの一点は、精励であります。ブッダがビンビサーラ王の帰依を受けたのは、王様に面と向って、「諸々の欲望には患いがあることを見て、また出離こそ安穏であると見て、つとめ励むために進みましょう」と呼びかけたことです。こんなことを堂々と言えるのはブッダ以外におりません。乞食のような格好で修行している者が、華麗な出で立ちの王に、共に精進しましょうと話すのですから、王はいっぺんに惹かれたのです。仏法不思議、王法と対座す。誰が見ていようがいまいが、修行(坐禅)し続けているブッダの姿に、王は思わず合掌していたに違いありません。

全ての人々に今年最後に、この歌を贈ります。YELL。

ネーランジャラー河の畔にあって、安穏を得るために、つとめはげみ専心し、努力して瞑想していたわたくしに、

スッタニパータ424

第三 大いなる章

〈1.出家〉

424 諸々の欲望には患(うれ)いがあることを見て、また出離こそ安穏(あんのん)であると見て、つとめはげむために進みましょう。わたくしの心はこれを楽しんでいるのです。」

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
諸々の欲望には患(うれ)いがあることを見て……――第一〇九八詩参照。

1098 師(ブッダ)は答えた、「ジャトゥカンニンよ。諸々の欲望に対する貪りを制せよ。──出離を安穏であると見て。取り上げるべきものも、捨て去るべきものも、なにものも、そなたにとって存在してはならない。
 
以上註記より引用した。

出家の姿、外観は普通の人々と何も変わりません。立派な衣を着ているとか、僧侶としての高い地位に在るとか、修行年数であるとか、どこのお寺の住職であるとか。そういう外観は全く何も関係ありません。これは内面の問題であります。当り前ですが、これをわかっていない、わかろうともしない人々が適当に批評しているだけであります。出離というのは、とらわれから抜け出し、こだわりから離れることです。形だけ出家したとしても、この出離という安穏を知らなければ、もったいない極みであります。

一言で申せば、普通の人々は一日中妄執で過ごすのです。あの人はああ言った。この人がこう言った。そんなどうでも良いことにうなされながら、ああでもない、こうでもないと妄想をめぐらし、どうしよう、こうしようと執著して一日を過ごしています。疲れないはずがありません。そういう物事を一々取り上げていたら、どんどん欲求不満が溜まりに溜まって、捨てるに捨てられないゴミのようなものが頭にいっぱい溜まってまいります。心のゴミ屋敷を自分でつくっています。取り上げるべきものも、捨て去るべきものも何もない。ガランとした心のなかにする。いわば心の断捨離を進めることが、つとめはげむこと、つまり精進、努力なわけです。こんな具体的なことはありません。

精神論という言い方があります。心の内面を皮肉った、とても嫌な言い方があります。そういう人に限って、自分は完全でありリアルスティックであると本気で考えています。現実が現実でないとは申しません。また現実は現実だとも断言できません。何が平安で平穏なのかを突き詰めれば、出離以外にないのであります。何をしていても囚われない拘らない。誰から何を言われてもたじろがない。そういう不動の精神、安穏の境地。これを楽しむこと。これが出家の覚悟でなくして何でありましょうか。

こうなりたい。こう思われたい。わたしは間違っていない。これが最も大きな欲望なのです。自己への囚われ、自分自身が自分自身によって束縛されていること。さまざまな欲望には患い、憂いがあること。自分を苦しめているのは自分自身であること。これが憂い(患い)であることにいち早く気付いたものが出家するのであります。般若心経は全てを否定しています。ブッダの教えとされる四聖諦や八正道、十二因縁さえも「無」とします。これは無いという軽い意味ではありません。こだわらない、とらわれないということです。出離を無と表現したのです。理論武装に仏教をもってするなどは、以ての外であります。

わたしが「スーパー坐禅」を提唱するのは、こうした仏教者が陥りやすい、あるいはどっぷり浸かった完璧主義に、堂々と反旗を翻すものであります。あらゆる観念を捨てる。あらゆる権威から離れる。騒音の中で坐禅ができなければ、家族の声が飛び交う中で坐禅しなければ意味が無いのです。誰が何と言おうと、まるで仏像のように坐っている。寝ながらでも坐禅はできます。否、坐れない人が、あるいは寝たきりの方でも坐禅できなければ、意味がありません。やれ禅宗だ、仏教だという狭い了見で坐禅を捉えるのは、スタイルや格好、場所にこだわりすぎているからです。もう黙っていられません。

坐禅など 忘れてしまえと 暮晦日 (月路)

道元禅師は「普勧坐禅儀」と書かれた。これは誰にでも坐禅を勧めるというものです。年齢、性別、学歴、出自、宗教宗派、思想に関係なく、坐禅しましょうと仰ったではないか。坐禅と出離は同じ意味です。出離を楽しむことと坐禅を楽しむことは全く同義です。何も考えないというのは、考えないということを考えるというものです。非思量は非思考のことです。思考ではない思考。それをどう実現するかを「工夫」といいます。一つにこだわれば、それがこだわりです。人それぞれの坐禅があっていいのです。銘々各自の坐禅なのですから。

諸々の欲望には患いがあることを見て、また出離こそ安穏であると見て、つとめはげむために進みましょう。わたくしの心はこれを楽しんでいるのです。」

スッタニパータ268

第二 小なる章

〈4、こよなき幸せ〉

268 世俗のことがらに触れても、その人の心が動揺せず、憂いなく、汚れを離れ、安穏であること、──これがこよなき幸せである。

〈中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より〉


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
世俗のことがら――世俗のことがらlokadhammaとは、利得、不利得、名声、不名声、賞賛、譏(そし)り、楽、苦の八つをいう。「世俗のことがらに触れてもその人の心が動揺せず」ということは、志を固くもって誘惑に負けないことである。

安穏であること――khemam(=abhayam nirupaddavam.).今日の語でいえば、「安全」である。

以上註より抜粋して引用した。

この詩句の今日的な意味は、社会問題や家庭問題あるいはニュースや情報など私たちを取り巻く環境に対して影響を受けないで信念を貫くことの重要性を説いているのでありますが、それと同時にこのような稀有な状況こそが幸福なのであると説かれていることです。

むしろ世間の様々なことがらに多大な影響を受けているのが、今日の社会の一般であります。衣食住や身の回りの持ち物一つとっても、たとえばスマートホン一つに依存し溺れ、逃れられない習慣の罠に囚われている方がほとんどでありましょう。

安穏であるためには、隔離された世界に安住する必要はありません。世間に在っても、自らの生活を安全に保つ方法があります。それが仏道に生きることです。まずは毎日の生活をシンプルなものにすることです。それは規則正しいことと同義であります。無駄を省き必要最低限に生きる。三衣一鉢(さんねいっぱつ)と申しまして、本来、僧侶の持ち物はこれだけです。これ以上は不要なのです。これほど身軽で安全な道はないのであります。

世俗のことがらに触れても、その人の心が動揺せず、憂いなく、汚れを離れ、安穏であること、──これがこよなき幸せである。

スッタニパータ228

第二 小なる章

<1,宝>

228 ゴータマ(ブッダ)の教えにもとづいて、堅固(けんご)な心をもってよく努力し、欲望がなく、不死に没入して、達すべき境地に達し、代償なくして得て、平安の楽しみを享けている。この勝れた宝は<つどい>のうちにある。この真理によって幸せであれ。

〈中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より〉


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
不死――原語 amata は「甘露」の意味をも含めているのであろう。 amrta 
が「不死の飲物」であるという意味は、すでに『リグ・ヴェーダ』以来存する。(中略)ここではニルバーナ(nibbana)のことをいう。

達すべき境地に達し――pattipatta.
(中略)

代償なくして――mudha.「一文もお金を払わないで」(中略)の意。

平安の楽しみ――nibbuti.
以上註より引用した。

「ブッダの教えに基づいて」というところが肝であります。これを離れて何も得ることはできません。たとえ道徳的などのような修行を行おうとも、「慈しみ」で貫かれたブッダの教えを離れて自己満足的な精神修行を重ねたとしたも、達すべき処であるニルバーナ(涅槃)の境地には至らないのであります。なぜそう言えるかといえば、ブッダが個人的に覚りの境地に達して「はい終わり」であれば、2500年もこの道は続いていないという事実です。

もちろん仏教以外にも続いている教えはたくさんあります。これは自分で確かめる以外ありません。自分がブッダの教えを聴いて、教えのとおりやってみて、確かにこの教えは凄い、本物だと得心できるか否かであります。どんなに言葉を重ねても「真理」を理論的に把握することは不可能なのです。神は存在するか否か、宇宙の広がりは有限か無限かなどといった形而上の不可能なことを哲学的に考察するのは(無駄とは申しませんが)殆んど現実に意味がありません。

それより何より今自分の胸に刺さった毒矢を抜くことが先決なのであります。「毒矢の喩え」は有名なブッダの教えでありますが、その教えとて他人事であれば何の価値もありません。他人の痛みは決して完全に自分の痛みとして感じることはできないのです。人にも刺さっているが自分にも刺さっている毒矢を、自分の力で必死に抜く以外ありません。それほどこの道は険しく、しかしながらこの道ほど古くて新しい道はどこにもありません。

堅固な心をもってよく努力しましょう。欲望を無くして不死に没入しましょう。ところがこれは大変困難なことであります。なぜなら人間は例外なく弱い心の持ち主であり、努力どころか怠慢が常に襲ってきます。欲望を持たない人がいるなど考えられませんし、不死(涅槃)のための修行に没頭できる人はごく一部でありましょう。ですから涅槃に達する、すなわち仏道を成就することなど夢のまた夢であることが現実なのです。

「代償なくして得て」とあります。この世の道理で代償無くして得られるものなどがあるでしょうか。ぜひ確認していただきたいのですが、代償すなわち対価をもって買わなければ得られるものは何もないのです。金銭だけとは限りませんが、この世で代償無くして得られるものといえば「無償」ですが、純粋な「無償」は万に一つもありません。俗に言うではありませんか、「金の切れ目は縁の切れ目」と。無償で得たものは必ずどこかで返済することになるのです。無視するかどうかはともかく、どこかでその代償を払う必要があるのが「因縁」というものです。そうです『直接の原因と間接の原因』のことです。

ところが唯一「平安の楽しみ」だけは、「代償」が要らないのであります。人間、結局は苦悩からの脱出以外ありません。苦悩から脱出できたらそれこそ「幸せ」でしょう。単純なことです。複雑に考えればどこまでも複雑に考えることはできます。それが落とし穴に嵌まるということであります。闇から脱出できないどころかドンドン悪循環の罠に嵌っていくことになります。その闇にブッダが光明を灯しておられます。その光を頼りに、苦悩の暗黒から脱出してみませんか。

「宝」と表現された「平安の楽しみ」とは、「安楽」「安穏」とも呼ばれます。外観上は、ただ黙って坐っているだけです。眼を閉じれば「瞑想」眼を開けていれば「坐禅」どちらでも構いません。理屈抜きに坐ってみましょう。ブッダは「起きよ、横になってどうするのか、今そこに坐ることで、平安が得られるというのに」と述べられています。

ゴータマ(ブッダ)の教えにもとづいて、堅固な心をもってよく努力し、欲望がなく、不死に没入して、達すべき境地に達し、代償なくして得て、平安の楽しみを享けている。この勝れた宝は<つどい>のうちにある。この真理によって幸せであれ。

 

スッタニパータ145

第一 蛇の章

<8、慈しみ>

145 他の識者の非難を受けるような下劣な行いを、決してしてはならない。一切の生きとし生けるものは、幸福であれ、安穏であれ、安楽であれ。

〈中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より〉


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
生きとし生けるもの――sabbe satta.人間ばかりでなく、生きものすべてを考えていた。
一切の生きとし生けるものは幸福であれ――一切の生きものに慈しみをもつべきことは叙事詩でも教えられている。
安穏であれ――khemino=abhaya nirupaddava.恐怖もなく、危害を加えられることもない、の意。

他の識者とは、一般的にいえば善良なる人々のといった意味であり、普通の善き人々が指差すような下劣なことは決してしないということです。たとえば社会的に非難される犯罪はもちろん軽微な犯罪、微罪であっても決して犯さないということです。日本で言えば軽犯罪法違反であっても許されません。

また、人間を含めた一切の生物(衆生)に対して、無量の幸福と安穏そして安楽を「祈る」ことが慈しみの本体であり本質であります。幸せでありますようにとの「願い」です。

他の識者の非難を受けるような下劣な行いを、決してしてはならない。一切の生きとし生けるものは、幸福であれ、安穏であれ、安楽であれ。