タグ別アーカイブ: 怠惰

スッタニパータ433

第三 大いなる章

〈2.つとめはげむこと〉

433 (はげみから起る)この風は、河水の流れも涸らすであろう。ひたすら専心しているわが身の血がどうして涸渇しないであろうか。

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
この風――苦行による激しい呼吸。

専心している――pahitattassa,つとめて自己を専注すること。

以上註記より引用した。

激しい呼吸をしていると手足が痲れてきます。一般には過呼吸というもので、荒行の一つです。血液がアルカリ性に変わり、血液中の酸素の量が増え二酸化炭素の量が減ります。たちまちには死に至らないようですが、動悸、息苦しさ、眠気、激しい耳鳴り、悪寒などに苛まれます。河水の流れというのは血流のことです。血流が涸れるというのは、心臓の鼓動が止まる、すなわち死を意味します。何もそこまでと、ナムチならずとも思ってしまいますが、なぜ荒行を重ねたのかという理由が次の詩句からつぶさに述べられていきます。

ひたすら専心しているということは、道元禅師の言葉を借りれば「只管打坐(しかんたざ)」ということです。ただひたすらに坐禅に打ち込む。昨日添付しました釈迦苦行像をみれば一目瞭然です。背筋を伸ばし、何が起ころうとも心を動かさず、ひたすら結跏趺坐している。骨と皮ばかりになりながら、何も食べず、飲まず、荒行中の荒行である坐に徹しきっておられます。黙って、じっとしているほど辛いことはありません。安楽の法門といわれますがそれは後世のこと。足が痛くなるのを通り越して、足の皮が腐り出します。肩が凝るのを通り越して、血が真っ青に固まってしまいます。何度も心臓が止まるのがわかる。

一番の難関が眠気との戦いです。睡魔が襲ってまいります。この大軍は遥かに強力な戦隊であります。矢継ぎ早に襲ってきて苦しめます。一人で坐禅をするとわかるのですが、空腹とか喉の渇きや足の痛み、肩の辛さや、腰の重さとは比べものにならないほど、眠気には負けそうになるものです。怠惰と対極にあるものが精励ということです。怠惰は悪魔と同義です。ナムチの軍勢は、あの手この手を使って苦行者ならずとも精励している者を滅ぼそうと手ぐすね引いています。少しの隙きをついて怒涛のごとく押し寄せる大軍勢に、ほとんどの人々はあっさりと陥落してしまうのであります。

暦みて 吉祥なるか 初薬師 (月路)

昨日まで初祈祷の御札などと一緒に「吉祥暦(きっしょうれき)」というものを配っておりました。一枚広げて見たのですが、江戸時代に流行した昔ながらのもので、今風にいえばカレンダーなのですが、本だとどこかへしまい忘れてしまいますが、壁に貼っておくと何かと便利です。古希まであと六年。えらい年寄りになったのかなあと思わずにはいられません。昭和32年生まれの人が今年は還暦ですよ。感慨深いものがあります。自分では今でも青春だと思ってはいますが、だいたい考えることや思うことが年寄り臭くなってきたことは確かです。そうは言ってもわたしにも目標というものがあります。そうそうナムチ君とつきあってもおれません。今日は初薬師。薬師如来は無明という病気をなおす仏さまです。大乗仏教が御利益信心みたいに思われている向きもありますが、無明すなわち迷いを捨てる薬は自身の精励(はげみ)以外にないことを改めて教えてくれています。

↓朝の爽やかさと同じ爽快な気分になりました。吹石一恵さん風?

(はげみから起る)この風は、河水の流れも涸らすであろう。ひたすら専心しているわが身の血がどうして涸渇しないであろうか。

スッタニパータ430

第三 大いなる章

〈2.つとめはげむこと〉

430 かの悪魔がこのように語ったときに、尊師(ブッダ)は次のように告げた。──「怠け者の親族よ、悪しき者よ。汝は(世間の)善業を求めてここに来たのだが、

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた

よく「善業を積む」という言葉を聞かれることと思います。善業とは「よい果報を得る因となるべき行為」とされています。善因善果、悪因悪果と申しますように、善いことをすれば善い結果が生じ、悪いことをすれば悪い結果が生じるという道理を説いたものです。これを真っ向から「怠け者」呼ばわりするのですから、ナムチもさぞや面食らったことでありましょう。世間でいう善業は、一般に汗して働いて稼いだお金や財産を寺院などに慈善として寄付したり、労働力を提供したりすることを指します。お布施とかお供えと呼ばれるものの類です。そうすることによって次の生では善所に生まれ変わるという輪廻思想が背景にあります。また五戒を守り、十善などのよき行いをすることも、善業とされています。これはこれで普通に善いことなのですが、修行中のブッダにしてみれば、見当違い、的外れもいいところであったのです。

ナムチは善業を求めてブッダのもとにやってきました。彼が求める善業を、ブッダが素直に積んでくれたら彼の目的は成就します。それは普通に善きことを行い、つまらない苦行を断念してもらうことにあります。仏教での悪魔はキリスト教などのサターンと違って、人間の内面に巣食う悪意や怠惰などを指します。ナムチはさしずめ内面の意思のうちで、常識的な考えの象徴でありましょう。ですからこんなに強力な悪魔は他にいないのです。適当でいいのだよ、決して無理をするものじゃない、体を壊すよ。これはどこからどう考えても正当と思われます。至って常識的な考え方であり、誰の心にも存在する正常な心理かと思います。

しかしながら、もし、ナムチが勝っていれば、この世に仏教は存在しておりません。その理由がこれからのブッダの言葉で明瞭になります。今日は、ゴータマ・ブッダと悪魔ナムチの戦いの始まりを告げるゴングが鳴ったようなものでしょう。ブッダは、常識的な考えを「怠け者の親族、悪しき者」と一刀両断に切って捨てます。ごちゃごちゃ前置きを述べません。怠け者と同類だと決めつけます。良い悪いで言えば悪いと明確に断定されます。

子も孫も 皆居なくなり 湯豆腐し (月路)

正月も早五日です。あっという間の年末年始でした。正月の配り物が半分済んで今日からは市外に出向きます。正月三が日の初祈祷の御札などをもって檀信徒宅を廻るのですが、昨年のお盆の棚経に初めて寄せて頂いてから半年近くも経つと、お家の場所が思い出せなくてウロウロしてしまいます。その内に慣れるのでしょうが、だんだん記憶力が減退していることを痛感する今日この頃であります。それにしても春のような穏やかさに恵まれありがたかったのですが、今日からは冬将軍再来ということで気を引き締めております。ナムチに負けそうになりますが、もう一息、頑張ってまいります。いつも日記のつもりのブログにお付き合い頂きありがとうございます。どうぞよろしゅう。

かの悪魔がこのように語ったときに、尊師(ブッダ)は次のように告げた。──「怠け者の親族よ、悪しき者よ。汝は(世間の)善業を求めてここに来たのだが、

スッタニパータ96

第一 蛇の章

<6、破  滅>

96 睡眠の癖あり、集会の癖あり、奮励することなく、怠りなまけ、怒りっぽいので名だたる人がいる、──これは破滅への門である。」

〈中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より〉


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
「睡眠の癖」は、人目のないところで密かに眠る場合もあれば、人目を気にせず眠る場合もあるでしょう。疲れて眠ってしまう居眠りもあります。これは若いときに朝さっさと起きられない習慣からきています。夜遅くまで起きていれば朝眠いのは当然です。気力をふるって起きた日はいいのですが、そうやって無理が重なるとどうしても起きられない日がやってきます。そしてある日仕事を休んだとしましょう。その楽だった体験が、睡眠への憧れを生じさせる原因となります。睡眠の癖すなわち怠惰な性格はこうやって生まれることが多いのです。
ではどうしたら「睡眠の癖」を克服できるでしょうか。それには善き仲間の助けが必要です。誰かの眼が必要な場合がほとんどです。早く寝るようにしたり熟睡する方法を探る努力と規則正しい日課が不可欠なのです。日課は自分で決めることが望ましいのですが、善き友のアドバイスを受けるのも大事なことです。睡眠の癖によって身を滅ぼした例は枚挙にいとまがありません。それほど恐ろしい猛毒であることをお伝えしておきます。
次に「集会の癖」ですが、用もないのにただ会っておしゃべりの時間を過ごすのも集会のくせです。自己の成長のためになる集まりに参加することは善いことですが、その集会の場が問題です。よほどの見識を持ち合わせていなければ簡単にその組織に取り込まれてしまいます。その組織から抜け出したくても抜け出せない状況もままあります。最初は良いと思っても駄目だと思ったらさっさと抜け出す勇気が必要です。集会・結社の自由は憲法で保障された権利ですが、当然にその集まりから脱退する自由も保障されています。
結局は奮励することです。奮励しないでいると怠りなまけ(怠惰)に見事に陥ってしまします。奮起・励行が奮励です。気力をふりしぼって努め励む以外にないのです。がんばって目の前のやるべきことを淡々と処理していく。困ったら知っている人に相談して解決していく。自分に解決できない問題は自分の前に現れることはありません。問題解決能力はリーダーシップと同義です。怠惰に陥っている間など誰にもないのです。一生楽はないと気付いた人だけが楽になれる。現実に「幸せである」という事実です。
最後に「おこりっぽい」性格です。性格には二種類あります。先天的性格と後天的性格です。なぜ怒りっぽいのか、静かに考えてみて下さい。私たちの遺伝子・DNAには怒りの要素が大量に含まれています。程度の差は微々たるものです。だれでも怒りっぽいのですが、表面上もろに顕すことができるかどうかの状況と人間関係の強弱なのです。外面がよい人ほど内面がよくない場合もあります。我慢しなければならないときもあれば、我慢できないこともあるでしょう。そこで激怒したら負けです。怒りに対して怒りをもって応えることは愚の骨頂であります。性格は変えられます。刺激に対する反応は人それぞれであることを弁えて、智慧をもってその怒りに対峙しましょう。これは「破滅への門」であると。