タグ別アーカイブ: 托鉢

スッタニパータ463

第三 大いなる章

〈4.スンダリカ・バーラドヴァージャ〉

463 真実もてみずから制し、(諸々の感官を)慎しみ、ヴェーダの奥義に達し、清らかな行いを修めた人、──そのような人にこそ適当な時に供物をささげよ。──バラモンが功徳を求めて祀りを行うのであるならば。

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
ヴェーダの奥義に達し――vedantagu.叙事詩にも同様の語がある(Vedapāraga,MBh.Ⅻ,243,8)。

以上註記より引用した。

真理を知って自己を制し、感覚による反応を慎んで、聖典の奥義であるところの「清らかな行い」を修行している人に、適宜、供え物をささげなさい。もし貴方が、功徳を求めて祭祀を行うのであれば。

功徳を求めて祭祀を行う

これから幾つか同じフレーズが続きます。それはこの「バラモンが功徳を求めて祀りを行うのであるならば」というリフレインです。お経はこのリフレインというのでしょうか、繰り返し同じ文句をしばしば使って、耳に慣れるよう工夫してあるように思います。なにしろ紙に書いて残すというようなことをしなかった。つまり口承、口伝でありましたから、絶対に間違わない必要があって、また重要なポイントでもあったのです。

われわれ僧侶がお経を唱えた直後に、回向というものを行います。これはお経を唱えた功徳を何に対して回向するか、つまり功徳を振り向けるかということです。たいていは自分のために回向するなどということはありません。誰かの功徳、それはご先祖さんだったり、ご家族であったりするわけです。もちろんご本尊やその他の仏菩薩、祖師、歴代住職、檀家各家先祖代々に回向するのは毎日の日課です。

ようするに何がしかの功徳を求めているわけです。それが勤めだといえばそれまでですが、かんたんにいえば功績を讃えている。これ自体が功徳です。尊敬をし、感謝をしている報恩の行いです。祭祀といった仰々しいものを行わなくても良さそうなものですが、花を立て燭を灯し蜜湯やお茶お菓子などを供えて勤めます。朝課、晩課はもちろん法事法要はすべからく功徳を求めて行うものです。

ところが、ブッダはどうもそういうことを全部肯定しているとは思えません。どこか方向性が違うよと、当時のバラモンであったスンダリカさんに説くのです。そうした雰囲気がこの詩からうかがえます。それが「真実もて自ら制し、慎しみ、ヴェーダの奥義に達し、清らかな行いを修めた人」を冒頭に述べられたのです。

そのような人にこそ供物を

はっきりいってしまえば、「清らかな行いを修めた人」にこそ供物を捧げるべきだと断言されているのです。つまりブッダやブッダの教えを実践して修行している人に、食べ物を捧げなさいと大変やわらかく断言しています。托鉢に修行僧がやってきたら、彼らは自分で食べ物を買うことができないから、供養してあげてほしいといった意味も含まれているように思います。

真理を知り自己を制し慎む

ここに修行の全容を端的に述べられています。まず正しく知ることから、そして自己を制御する。清らかな行いとは何かということを暗に問いかけておられます。ますます更に聞きたくなるように言葉を巧みに使っておられます。お見事というより他ありません。

ほとほとと寒の戻りやホトトギス(月路)

一日置きに寒かったり暖かかったりで、風邪を引いてしまいそうです。鼻水が出てくるような寒さをこらえながら法要の準備に余念がありません。これが済んだら、あれをして、ああこれもせんならん。ほとほと後回しの性分に手を焼いています。たしか去年の春にはホトトギスが鳴いていました。北陸は雪だろうなと思いながらチラチラまた降ってきそうですが、時おり日差しがあり、有り難いことだと。

昨日三時間ほどかけて、無料ホームページとやらでお寺のホームページを作りました。写真を並べただけですが一度御覧くださいませ。→禅龍寺

真実もてみずから制し、(諸々の感官を)慎しみ、ヴェーダの奥義に達し、清らかな行いを修めた人、──そのような人にこそ適当な時に供物をささげよ。──バラモンが功徳を求めて祀りを行うのであるならば。

スッタニパータ413

第三 大いなる章

〈1.出家〉

413 かれは、諸々の感官を制し、よくまもり、正しく自覚し、気をつけながら、家ごとに食を乞うて、その鉢を速やかにみたした。

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
正しく自覚し――sampajāna.

托鉢に来る修行者の徳風に打たれると、信徒は喜んで食物をささげる。だから「その鉢を速かにみたした」というのは、この修行者が一般世俗人の帰信を受けていたことを示す。

以上註記より引用した。

近頃は少なくなりましたが、門付けといいまして、一軒一軒の家を廻って托鉢するのですが、そういう風習が日本にも残っております。今でも南方の仏教国では毎朝のように托鉢の光景を目にします。ここで重要なポイントは、この托鉢のときの歩き方は元々経行(きんひん)であるということです。歩行禅であります。徳風といいますのは、修行の積み重ねが表に顕れる様子であります。

バタバタしていない。足を持ち上げず摺るようにして歩くのです。「一足(一息)半歩」といいますが、この一足はどちらかの足を前にして進む。柔道や剣道のときの「すり足」に近いのが原型と思われます。こうして歩くとじつに神々しいのでありますが、これは格好つけているのではなくて、托鉢のときの伝統的方法なのです。それを愚直に踏襲していることです。現在では足を交互に繰り出して歩くのが一般となっていますが、本来は片足にもう一方の足を引き寄せ、間断なくまた同じ足を半歩前に出すのが経行のやり方です。ようするに両足を揃え右足を半歩(足の半分)前に出します。次に左足を右足に揃えます。そしてまた右足を半歩前に出すということです。

諸々の感官を制し――とありますのは、感覚器官である目や耳または鼻などを制することです。目に映るものや耳に聞こえる音あるいは匂い香りに心を乱さないということです。教えを守り、自覚して、気をつけながら歩くのです。

ブッダが速やかに鉢を満たしたという話はお経の随所に出てまいります。なぜかといえばその相好が並勝れていて、だれもが競うようにして供養するからであります。なお、食を受けた後に礼などは言いませんし頭も下げません。供養する側が平身低頭して合掌するのであります。日本では僧侶も合掌して低頭(ていず)しますが、本来の伝統では食を受ける修行者は整然と立ったままであります。日本人は三宝とか本来の供養というものが解っていませんから、頭を下げない僧侶に対して無礼な奴だと思ってしまうかもしれません。

それはともかくとして、今日は懐かしい澤木興道老師の話を聴いてみたいと思います。老師は曹洞宗では超有名なお坊さんですが、宿無し興道などと呼ばれましたが、晩年は安泰寺で余生を送られました。非常に元気な声が残っていることに嬉しく思いました。

かれは、諸々の感官を制し、よくまもり、正しく自覚し、気をつけながら、家ごとに食を乞うて、その鉢を速やかにみたした。

スッタニパータ403

第二 小なる章

〈14.ダンミカ〉

403 ウポーサタを行なった〈ものごとの解った人〉は次に、きよく澄んだ心で喜びながら、翌朝早く食物と飲物とを適宜に修行僧の集いにわかち与えよ。

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた

托鉢僧への供養のことが述べられています。修行僧の集いとは、サンガのことです。現在でいえばお寺がそれに該当するのですが、お布施を差し上げることは、この慣習が基礎となっています。

出家者は生産をしないので、在家者から供養を受けます。換言すれば在家者は出家者に分かち与える(供養)のであります。

先日、ある檀家宅で一周忌の法事を終えてその家を出ようとしたとき、施主様をはじめ子供たちも皆で駐車場のところに一列に並んでお見送りをしていただきました。お布施や記念の品もさることながら、この光景に深い感謝の念を抱かずにはおれませんでした。今わたしたちが結構に暮らしていけるのも先人のおかげであると、しみじみ感じ入った次第でございます。

「今の一当は昔の百不当の力」と申します。先人の歩みによって現在の私たちが生かされております。なおのこと、精進してまいらねば、それこそ罰(ばち)が当たります。

百不当の一老

菩提心をおこし、仏道修行におもむく後よりは、難行を懇ろに行うとき、行うといえども百行に一当なし。しかあれども、或従知識、或従経巻して、ようやく当たることを得るなり。

いまの一当は、むかしの百不当の力なり、百不当の一老なり

道元禅師 『正法眼蔵 説心説性の巻』より

ウポーサタを行なった〈ものごとの解った人〉は次に、きよく澄んだ心で喜びながら、翌朝早く食物と飲物とを適宜に修行僧の集いにわかち与えよ。

スッタニパータ387

第二 小なる章

〈14.ダンミカ〉

387 諸々の色かたち・音声・味・香り・触れられるものは、ひとびとをすっかり酔わせるものである。これらのものに対する欲望を慎んで、定められたときに、朝食を得るために(村に)入れよ。

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた

感覚である色声香味触法を感じる眼耳鼻舌身意の六つの感官を人間が持っていることは事実であります。問題はこれに溺れてはならない。これらに対しての欲望を慎むことが修行の第一とされます。

と、ここまでは何度もスッタニパータで、また他の仏典でも示されています。問題はその後に出てくる「定められたときに」という意味のKālenaという言葉でしょう。

毎日毎日の日程をあらかじめ決めてあるということです。たとえば何故に托鉢は午前中に決められているかといえば、朝食のためです。比丘は午前中にしか食事をしない。それは決まり事で、供養者は午前中早くに比丘たちが村にやってくることを知っていますから、ちゃんと準備して待っていてくれます。すぐに食べれるものを鉢に満たしてくれるのです。ですから村里離れたところで修行するときには、さほど里から離れていない場所を選んだのです。中国に仏教が伝わり、さらに日本へと伝わって、山奥での修行が盛んになると、自分たちで米や野菜を育てることや、役割を決めて遠くの里まで買い物に行くようになりました。今でも夕食のことを薬石といいますが、懐石といってお腹に温めた石をいれて空腹を凌いだとされます。懐石料理とは程遠いものです。一日二食の生活は、本来健康的なのですが現代の日本の寺院ではきちんと三食摂っています。こうした変遷はやむを得ないことですが、重要なことは毎日の行持を時刻で決めておくことでしょう。

↓ネットで見つけた尼さんと思われる画像です。色声香味触法を感じるのはやむを得ません。この画像を見て「何も感じない」という方もいるかもしれません。わたしはモデルさんか女優さんだと思いました。アマではないなと。托鉢のときのワンショットなのでしょうが、リアリティがありません。美しすぎる。

065bc660

諸々の色かたち・音声・味・香り・触れられるものは、ひとびとをすっかり酔わせるものである。これらのものに対する欲望を慎んで、定められたときに、朝食を得るために(村に)入れよ。

スッタニパータ360

第二 小なる章

〈13、正しい遍歴〉

360 師はいわれた、「瑞兆(ずいちょう)の占い、天変地異の占い、夢占い、相(そう)の占いを完全にやめ、吉凶の判断をともにすてた修行者は、正しく世の中を遍歴するであろう。

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
天変地異の占い――Uppādā.流星(隕石)が落ちてきたり、諸方が焼けているというようなことが起きているが、それはこれこれのことの報いである、というふうに説いて、異変の生起に執著することである。
 
相の占い――杖の相、衣の相などをみて、「この点によってこのことが起る」と占うこと。
 
以上註記より抜粋して引用した。

正しく世の中を遍歴(遊行)するであろう。

本詩を初めとして15の詩句(第三七四詩まで)がブッダ釈尊の回答になっています。前節とは真逆の構成になっていますが、修行者としての最後の修行は、やはり遊行であるとしたものです。それは釈尊ご自身がそう(遊行)されたことによっても証明できます。現代で言えばさしずめ、修行の道場である寺院を離れて、ひとり全国を托鉢して廻るようなイメージでしょうか。

第一回目の本詩では「占いをしない」ということですが、これには占うような言動一切を慎むことが求められています。軽口であっても近々に地震が起こるだの、津波が押し寄せてくるのが見えるとかいった言葉を吐いてはいけないということです。世間話であっても、それは修行者にとって口にすべきではない自制の第一であります。

この占いをする人は、インチキ宗教家のレッテルを貼られるばかりではありません。天知る、地知る、己知るといわれるように、誰よりも自分が確かめてもいないことを口にする嘘つきであることを認めてしまいます。当時も今も全く変わっていません。人の弱みにつけこんで、占いを商売ならいざしらず、教えの道具に使うとはもっての外なのです。外道とはそういう嘘つきが偉そうな顔をして跋扈していることでしょう。外道は下道とは別の概念で、教えの外、つまりブッダの教えではないという意味です。下道は問題外です。

吉凶の判断を捨てる。これも大事なことです。この道を行くべきか、はたまた別の道をと思案する中に、どちらが吉でどちらが凶か、すなわち自分の選択であっても幸か不幸かを占うのはやめることです。人間万事塞翁が馬ともいいます。なにが幸いするかは誰にも分からないという道理を考えれば、わが縁として粛々と淡々と受け入れていく。これが遊行の際の心構えの第一でありましょう。遊行はまさに人生そのものでありますから。

師はいわれた、「瑞兆(ずいちょう)の占い、天変地異の占い、夢占い、相(そう)の占いを完全にやめ、吉凶の判断をともにすてた修行者は、正しく世の中を遍歴するであろう。 

スッタニパータ286

第二 小なる章

〈7、バラモンにふさわしいこと〉

286 かれらのために調理せられ家の戸口に置かれた食物、すなわち信仰心をこめて調理せられた食物、を求める(バラモンたち)に与えようと、かれら(信徒)は考えていた。

〈中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より〉


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた

この詩句はバラモンに供養される「托鉢」の様子を示しております。現在の仏教界でも北伝南伝を問わず托鉢の慣習は続いています。ここ日本においても僅かではありますが修行僧は托鉢(乞食行)によって食(じき)を得る場合もあります。ただし、ほとんど鉄鉢に入れられるものは金銭であります。

本来のバラモンたちもこうして信徒の家々の玄関先におかれた食物(じきもつ)を受けとり、それのみを食する毎日であったわけです。みずから生産活動を行わないわけですから人々に供養していただく他ないのであります。また信徒の人々もバラモンに供養することは、ヴェーダに対する信仰心からでありました。

人から与えられたものだけで生活することは、みずから生産したり購入しないことを意味しております。ところが中国に仏教が伝来すると様子は一変します。働かざるもの食うべからずの伝統でしょうか、百丈懐海(ひゃくじょうえかい)という禅師さまは、「一日為(な)さざれば一日食(くら)わず」という教えを徹底されました。掃除・洗濯・野菜米作り・調理などなど山林深くの僧堂の生活は近所の信徒からの供養を期待できませんので、みずから耕し、みずから調理したものを食するようになりました。

その伝統がやがて金銭の布施を受けるようになり、それでも僅かな糧を元に質素な生活はずっと守られてきました。これから先はご想像通りです。このあとの詩句のとおりバラモンの生活が徐々に変わっていくことになるのです。

かれらのために調理せられ家の戸口に置かれた食物、すなわち信仰心をこめて調理せられた食物、を求める(バラモンたち)に与えようと、かれら(信徒)は考えていた。

 

スッタニパータ239

第二 小なる章

<2、なまぐさ>

239 「稷(きび)・ディングラカ・チーナカ豆・野菜・球根・蔓の実を善き人々から正しいしかたで得て食べながら、欲を貪らず、偽りを語らない。

〈中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より〉


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
なまぐさ――この教えは過去世にカッサパ仏(Kassapa 迦葉仏)がティッサ(Tissa)というバラモンに教えたことを記しているのだという。最初の三つの詩句が、ティッサのことばであり、中間の九つがカッサパ仏のことばであり、最後の二つの詩句は編纂者(結集者 sangitikara)のことばである。

ディングラカ――dingulaka.或る植物の名。ただし若干の写本にはcinglaka'またブッダゴーサ註にはcinglakaとなっている。

チーナカ――cinaka.野生の豆の一種である。

野菜――pattaphala.註には野菜一般(yam kinci haritapannam.)と解している。直接の語義は、「葉が実とみなされ得るもの」ということであろうか。

以上註より引用した。

過去世というのは、お釈迦様以前の過去の世にもブッダが存在されたことを申します。「過去七仏」と呼んでいますが、毘婆尸仏から始まって釈迦牟尼仏で七世であり、迦葉仏は釈迦牟尼仏の一つ前のブッダであります。気の遠くなるような過去のことでありますが、この伝承は上座部仏教であれ大乗仏教であれ同じであるところから、仏教の共通認識として良いと思いますし、少なくとも相当古い遺跡から過去七仏のレリーフが出てまいります。ここではあまり深いところに拘らずに過去七仏の尊称を列記しておくに留めます。

  1. 毘婆尸仏(びばしぶつ)
  2. 尸棄仏(しきぶつ)
  3. 毘舎浮仏(びしゃふぶつ)
  4. 倶留孫仏(くるそんぶつ)
  5. 倶那含牟尼仏(くなごんむにぶつ)
  6. 迦葉仏(かしょうぶつ)
  7. 釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)

われわれの時代は釈迦牟尼仏を仏陀(ブッダ)として仰ぎます。お釈迦様のあとで仏陀となった人はいません。迦葉仏の時代は、はるか遠く(歴史に現れないほどの大昔)という感覚で良いかと存じます。とにかく仏陀はお釈迦様だけではなかったのでありますが、それは宇宙規模の話であり、ふつうの人間が知覚できるものではありません。

ここでの話の中身は、様々な食物を「善き人々から正しいしかたで得て食べながら、欲を貪らず、偽りを語らない。」というところにあります。すなわち托鉢をもって得た食べ物を食べつつも、得たもので満足し欲張らないこと、嘘をつかないことであります。この修行者としての最低限守りぬくべきことがらを第一に掲げています。この托鉢(命のつなぎ方)によって食(じき)を得るという生活の基本が示されております。善き人々とは修行者を支える生産者(在家の信者)のことです。修行者は生産を行わないことが原則ですから、善き人々から食を得る以外方法がありません。

現代ではお坊さんは在家の方々からお布施を頂戴して生活をしております。托鉢の変形でありますが、修行者も在家者も互いに合掌して感謝いたします。これを「財法二施」と申しますが、その功徳はじつに無量であるといわれております。何故であるかという解説は不要かと存じます。それは大昔からの伝統であり、良い悪いの問題ではありません。

「稷(きび)・ディングラカ・チーナカ豆・野菜・球根・蔓の実を善き人々から正しいしかたで得て食べながら、欲を貪らず、偽りを語らない。

スッタニパータ217

第一 蛇の章
<12、聖者>

217 他人から与えられたもので生活し、[容器の]上の部分からの食物、中ほどからの食物、残りの食物を得ても、(食を与えてくれた人を)ほめることもなく、またおとしめて罵ることもないならば、諸々の賢者は、かれを<聖者>であると知る。

〈中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より〉


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
上の部分からの食物――瓶から最初に取り出した食物。
中ほどからの食物――中ほどまで取り出された瓶から取り出した食物。
残りの食物――瓶の中に一匙か二匙か残っているのを取り出した食物。
おとしめて罵る――nipaccavadi (=dayakam nipatetva appiyavacanani.).
以上註より引用した。

他人から与えられたもので生活するというのは出家者の本来の姿であります。自ら生産をしないのが大原則です。托鉢(たくはつ)と申しまして朝から家々を回って食(じき)を乞うのであります。これを乞食行(こつじきぎょう)と申します。鉄鉢を片手に村々を回ると在家の方々が鉢(はつ)を満たしてくれます。これを寺に持ち帰り皆で分けて頂くのです。また着るものは布施された布を用いて三種類のお袈裟といたします。これを三衣一鉢(さんねいっぱつ)と呼んでいます。

現在の日本でも一部で托鉢は行われておりますが、ほとんど応量器という鉄鉢に因んだ漆塗りの鉢にお金を受け取ることが多いと思います。これも布施として有り難く頂戴しております。金額や食物の質と量にかかわらず黙って受け取ることが習わしです。これは食を与えてくれた方の功徳となるとされています。供養というのは供え養うと書きますが、仏道修行者に供養することは、また布施をするということは、「施与」という在家者にとっての大きな功徳になるとされているからであります。

もちろん供養、布施に値しない者がこれを受け取ることは大変な罪であります。修行をしてもいないのに修行者と名乗り、応供(おうぐ)といって供(く)に応じることは最も恥ずかしく愚かで悪道に落ちる原因となります。所謂似非僧侶には気をつけて頂きたいと存じます。

ここでは食を受け取る順番や中身には一切頓着することなく、供養者に対して平滑に扱うこと、すなわち褒めたり罵ったりしないことが強調されております。現代でも仏家には布施を受け取るときの態度として慇懃(人に接する物腰が丁寧で礼儀正しいこと。)であることが伝えられております。

布施する側にしてみればもっとペコペコと頭を下げてほしい、もっと感謝してほしいなどと思われる方もいるかもしれません。また受け取る側はなんだこれっぽっちかと憤慨する輩がいないとも限りません。慇懃無礼な奴だとか、僧侶を何だと思っているのかなどと考え違いも甚だしいものがあります。それを予め見越した本詩であると思えてなりません。

他人から与えられたもので生活し、[容器の]上の部分からの食物、中ほどからの食物、残りの食物を得ても、(食を与えてくれた人を)ほめることもなく、またおとしめて罵ることもないならば、諸々の賢者は、かれを<聖者>であると知る。