タグ別アーカイブ: 拘禁される

スッタニパータ623

第三 大いなる章

〈九、ヴァーセッタ〉

623 罪がないの罵られ、なぐられ、拘されるのを堪え忍び、忍耐の力あり、心の猛き人、──かれをわたくしは〈バラモン〉と呼ぶ。

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
『ダンマパダ』第三九九詩に同じ。

罪がないのに――aduṭṭho. パーリ文註解に akuddhamānaso とあり、また註解文の前後の文脈から見てナーラダ長老は「怒ることなく」と訳している。

拘禁――akkosaṃ vadhabandhañ ca. これは古代東部インド語の対格複数形であるかもしれない(Luders:Beobachtungen,§216,S.150)。

 以上註記より引用した。

釈尊十大弟子の一人で説法第一とされる富桜那ふるな尊者(サンスクリットでプールナ、パーリでプンナ)には次のような逸話があります。

ある時、富桜那尊者は釈尊のもとを訪れ布教の旅に出たいと申し出ました。
釈尊が「何処に説法に行くのか」と尋ねますと、尊者は「西の彼方のスナーパランタ国」だと申しました。

スナーパランタ国の人々は気性が荒いと聞いていた釈尊は、そこで尊者にその覚悟を問いました。

「罵られ、辱しめを受けるかも知れない。」
「殴らないのだから善い人だと思います。」

「殴られたらどうするのか。」
「棒で叩かれないのだから善い人だと思います。」

「棒で叩かれたらどうするのか。」
「刃物で切られないのだから善い人だと思います。」

「刃物で殺されてしまったらどうするのか。」
「世の中には自ら死を選ぶ人もいます。苦しみから殺してくれと願っている人もいるでしょう。その時には私を悩みから救ってくれた善い人だと思うことでしょう。」

釈尊はこの覚悟を聞いて富桜那尊者を送り出し、尊者は見事に西の彼方での布教を成功させたといいます。

怒らないこと

この富楼那尊者の話は、仏教徒が一度は耳にする話です。私たちの大乗菩薩戒でも「不瞋恚戒ふしんにかい」と申して、どのようなことがあっても、怒りを鎮めることと教えられています。お坊さんで怒る者は、まずこの戒を破ることになるわけです。ところがこれがなかなかよく保てないのです。何故でしょうか。ここが教えを実行しているかどうかの判断基準になります。

逆に申し上げます。ブッダが本詩で説かれているように、どのような仕打ちを受けても、ただ耐え忍ぶことが出来る勇者は、さとった人であるということです。真のバラモンと賞賛されるのです。怒りや悲しみを大いなる慈しみで抱きしめることが出来れば人間としての完成であります。