タグ別アーカイブ: 梭

スッタニパータ464

第三 大いなる章

〈4.スンダリカ・バーラドヴァージャ〉

464 諸々の欲望を捨てて、家なくして歩み、よくみずからを慎しんで、梭のように真直ぐな人々、──そのような人々にこそ適当な時に供物をささげよ。──バラモンが功徳を求めて祀りを行うのであるならば。

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
第四六四、四六五詩は第四九七、四九八詩に同じ。
 
以上註記より引用した。

梭(ひ)については第二一五詩を参照して下さい。機織りの縦糸に対して横糸を通すときに使われる道具(シャトル)のことです。

欲望を捨てる。あっさりと説かれていますが、これは口でいうほど簡単なことではありません。だいたいそういう人に、お目にかかったことがありません。自身を振り返ってみても欲望だらけです。欲望はしばしば煩悩と呼ばれますが、何のことはありません。普通の人の普通の感情です。感情のほとんどが欲望です。ああしたい、こうしたい、嫌だ、好きだ、暑い、寒い、冷たい、熱い、何もしたくない、眠い、疲れた、あらゆる欲望とはこうした気持ちのことです。あらためて申し上げるまでもありませんが、気持ちを捨てるということは、感情を殺すことではなく、さっと離れることです。

欲望の対象にとらわれない。見たまま聞こえたまま感じたままの感覚にこだわらない。こんなことが果たして可能でしょうか。可能です。家という一番気持ちが表れている欲望の具体的な対象から離れて住むこと。たとえば、豪邸や高級マンションをイメージしてください。こうした住まいに住みたいと思ったから、そこに住んでおられる。またそれを買ったり借りておられる。気持ちが表れているのが現在の生活です。これも当然のことですが、あっさりとその思い、気持ちを捨てれば、家から離れることは実に可能です。可能ではありますが、これがなかなか至難です。

そういう気持ちを捨て、家から離れて歩み、よく自らを慎んでいる人々にこそ、供物をささげなさい、と。それは梭のように真っ直ぐな歩みを続けている人々、つまり修行者にこそ供物をささげる、供養しなさいという意味です。例によって、もし貴方が功徳を求めて祭祀を行うのであれば。と続きます。

これは明確にブッダがバラモンを試しておられるところだと思います。解脱を求めて出家し慎ましく生活している修行者に供養をささげなさい。それが祭祀を行う在家の勤めですと言わんばかりです。事実そう繰り返し説いておられる。祭祀を祈りと言い換えてもよいと思います。これからも供物をささげ祈りを続けるのであれば、その供物は立派に修行されている人々に捧げなさい。出家者に在家者が供養する、それは善きことなのです。そういう生き方ももちろんありますよ、と。

風強し幡が纏わる雪が飛ぶ(月路)

夜中にお腹がすいて目が覚めました。観音様ののぼり幡が千切れんばかりに風にあおられています。あれは風が動いているのか、幡が動いているのか。ある人は自分の心が動いているのだと言われた、という大河ドラマの一シーンが、なぜか腹減ったという夢でした。まったく意味がわからないのが夢ですが、欲望とか、気持ちというのも夢の様なものではないでしょうか。つじつまというか、理路整然とはいきません。結局、気持ち。この不可解な気持ちとまだ当分付き合うことになりそうです。

諸々の欲望を捨てて、家なくして歩み、よくみずからを慎しんで、梭のように真直ぐな人々、──そのような人々にこそ適当な時に供物をささげよ。──バラモンが功徳を求めて祀りを行うのであるならば。

スッタニパータ215

第一 蛇の章
<12、聖者>

215 梭(ひ)のように真直ぐにみずから安立し、諸々の悪い行為を嫌い、正と不正とをつまびらかに考察している人、──諸々の賢者は、かれを<聖者>であると知る。

〈中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より〉


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
真直ぐにみずから安立し―ー原語(thitatta)は第三二八、三五九、三七〇、四七七、五一九詩にも出てくる。ジャイナ聖典にもthiy'appaとして出てくる。
正と不正とを――visamam saman ca.'right and wrong'(Chaimers).原語から見ると、すべて他のものに対して「平らか」であるのが正であり、「平らかでない」のが不正なのである。西洋人の考える〈正〉〈不正〉とは、少しく食い違うところもあると考えられる。
以上註より引用した。

「梭」というのは機織りの縦糸に対して横糸を通すときに使われる道具(シャトル)です。バタンバタンと機織りの縦糸が前後に一本ずつ交互になっているところに向けて、素早くさっと横糸を通すときに使う杼投(ひなげ)のことですが、映像で見たことがあるでしょう、少しでも手元が狂うと通りません。熟練の技といっていいでしょうが、今ではほとんど目にすることがないのでちょっと想像してみてください。

当時は単純な機織り機であったと思いますが、なにしろ布を作るために、このような道具がすでにあったことは確かであります。発展途上国の機織りの様子をみたことがありますが、それはそれは人間技とは思われないほど速やかに布を編んでいくのです。目にも留まらぬ速さで横糸を通していく様は、行ったり来たりしながら、まさに真っ直ぐに安定しているのです。これは一瞬一瞬が正確であり見事に制御された連続です。揺るぎのない忍耐も必要でしょう。布の生産という役に立つ仕事を作業の手を休めず黙々と続ける姿に、ブッダは心打たれたに違いありません。自らの安立の喩えとして採用されたのですから。

西洋ならずとも私たち現代人の多くは、正しいとか正しくないとかを自らの判断基準で推し量ろうとします。それこそ正義は人の数ほど存在するでしょう。ところが昔のインドでは、他の全てに対して平らか、すなわち真っ直ぐであり、逆らわない、抵抗しない様をいうのであります。セットされた縦糸全部に対して、その間を真っ直ぐ通して引っかからない「梭」のような動きを正とみます。正でない状態は不正です。そういった観点で正と不正とを詳細に考慮し観察してみてはいかがでしょうか。

諸々の悪い行為を嫌うのも、他者の悪行を嫌うのではなくして、自らが悪い行為をなす事を嫌うことであります。機織りのように一刻一刻を大事にした連続を日常の心としたいものです。一息一息、全ての心を真っ直ぐにして、平かで安らかでありますように。全心平安。

梭のように真直ぐにみずから安立し、諸々の悪い行為を嫌い、正と不正とをつまびらかに考察している人、──諸々の賢者は、かれを<聖者>であると知る。