タグ別アーカイブ: 無一物

スッタニパータ620

第三 大いなる章

〈九、ヴァーセッタ〉

620 われは、(バラモン女の)はらから生ま(バラモンの)母から生まれた人をバラモンと呼ぶのではない。かれは〈きみよ、といって呼びかける〉といわれる。かれは何か所有物の思いにとらわれてい。無一であって執著しゅうじゃくのない人、──かれをわたしは〈バラモン〉と呼ぶ。

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
『ダンマパダ』第三九六詩に同じ。cf.Sn.1063.

われは、(バラモン女の)胎から生まれ……――ここの二十八の詩句は『ダンマパダ』第三九六―四二三詩に同じ。最初期のジャイナ教聖典でも理想の修行者をバラモン(baṃbhaṇa)と呼んでいる(Utt.XXV,vv.19-29,33,34)。また開祖マハーヴィーラをバラモン(māhaṇa=brāhmaṇa)と呼んでいる(Suy.I,2,1,v.15)。

きみよ、といって呼びかける者――バラモンのこと。バラモンは互いに他人に向って、「きみよ」(bho)という語を以て呼びかけるからである。さらに原始仏典を見ると、バラモンはゴータマ・ブッダに向って「きみよ!」(bho)といって呼びかけている。ゴータマ・ブッダに対して特別の尊厳を払っていないのである。
かれは何か所有物の思いにとらわれている――sakiṃcana.情欲(rāga)などを所有していることであるとパーリ文註解(ad Dhp.396)は解するが、しかし原義は、自分が財産や名声など何ものかを所有していると思いなすことを言うのであろう。

無一物――akiṃcana.何物をも所有しないこと。本書では特に強調されている。第一七六四五五四九〇五〇一、六四五、一〇五九、一〇九一、一〇九四詩参照。パーリ文註解(ad Dhp.397)には情欲(rāga)などを所有しないことと解するが、語釈としては適切でない。
以上註記より引用した。

スッタニパータ501

第三 大いなる章

〈5.マーガ〉

501 自己を洲(よりどころ)として世間を歩み、無一物で、あらゆることに関して解脱している人々がいる。──そのような人々にこそ適当な時に供物をささげよ。──バラモンが功徳を求めて祀りを行うのであるならば。

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた

自灯明法灯明の語源となった言葉であります。この洲というのは、河の中洲です。拠り所と訳されておりますが、まさしく寄り付く洲(しま)であります。辛い時、悲しい時、もう死んでしまいたいと思った時、そんな人生の苛酷な、どん底のときに、ふと顔を上げたときに、そこに洲があります。「あんたが死んでどうするんや。あんたの命はそんな安もんか。あんたしか出来んことがあるやろ。あんたにしか」そんな声が聞こえて、どこかから聞こえて今の自分がここにおります。言葉じゃないとは思いますが、さりげない、しかも心強い言葉によって、生きることを選んだ人々もたくさんおります。かくいう、わたしがそうであります。ある裏切りに言葉を無くし、これも吾が不徳の致すところと潔く死のうと心に決めた時、ある方の手厳しい言葉を頂きました。その場では反撥して、「あんたに何が解るんや」と詰りました。その晩、何度も、その人の言葉が頭の中で繰り返し繰り返し響きました。「あんたしか出来んことがあるやろ」。。。殺し文句とはこのことですね。今となっては、人生のターニングポイントでした。命の恩人。わたしの観音様です。

無一物で

何も持たない。そうして生れてきたのです。無一物で。ですから無一物になるのは、辛いことではありません。むしろ軽いのです。重荷をおろして、片意地はらずに生きていくことは辛くなんかないのです。これだけは声を大にして申し上げておきます。わたくしに今、所有するものは何もありません。本もその他の荷物も所有物ではありません。すべて記念品です。わたしがもし直ぐに死んだら、捨ててもらっていいものばかりです。金目のものはありません。何も惜しくはありません。ただ生きている間に慣れ親しんだ物があります。それを直ぐに捨てることもありません。申し訳ないのですが、もし死んだらどのように処分していただいても結構です。何の未練もありません。無一物というのは、執著を捨てることです。執著があれば、たとえば、盗まれたら腹が立つのです。盗まれても腹が立たない。殺されても文句は言えない。それが無一物です。何も持たない。何も考えないことです。

あらゆることに関して解脱している人々がいる。

かくありたいと心底おもいます。解脱するということは、何も輪廻からの解脱という訳のわかったようでわからないことではありません。あらゆる思いから解脱しているということです。達観とも違います。そんな高尚なことではありません。否、高尚だと思っている事自体が大きな勘違いです。この世とは頭の中で繰り広げられる仮想社会です。いわばヴァーチャルリアリティなのです。現実だと思っていることは全て架空のことです。そう言い切ってしまうとこれも違うのですが、そんな観念のことはどうでもいいのですが、間違っても目の前のあらゆる事柄に、眼を奪われてはならないということ。固執するなとだけは申し上げておきたいと思います。解脱する。これが仏教の目的です。これ以外ありません。いつも解脱のことを考えていてください。修行するのも解脱のためです。解脱の正体は、ずばり世間に居ながら世間から解脱している。仙人のようなものです。仙人は何も考えていません。考えることが必要のない人であります。

友ありて遠方より来ぬ西吉野(月路)

昨日檀家さんが切ってくれたアスナロの木。根本から切ってしまうには申し訳ない気がして、子供の背丈ほどに伐ってもらいました。これにノミを入れて「掃除小僧」を彫りたいと思っております。少し上を向いた顔が笑っているのでも泣いているのでもない、そんな顔つきにしたい。手には箒をもち、沙弥として寺に入った小僧さんの修行の様子を彫りたいと思いました。論語に、友あり遠方より来る亦楽しからずや、というのがあります。父の口癖でした。そう言って一杯やる、父の姿を想いだしておりました。いいやつだったんです、父も。父の亡くなった年をはるかに過ぎて、なんか可愛いく感じます。年を経て、父の年齢さえ越えて、いざ有り難や、坊主となれり。

自己を洲(よりどころ)として世間を歩み、無一物で、あらゆることに関して解脱している人々がいる。──そのような人々にこそ適当な時に供物をささげよ。──バラモンが功徳を求めて祀りを行うのであるならば。

スッタニパータ490

第三 大いなる章

〈5.マーガ〉

490 実に執著することなく世間を歩み、無一物で、自己を制した〈全き人〉がいる。──そのような人々にこそ適当な時に供物をささげよ。──バラモンが功徳を求めて祀りを行うのであるならば。

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
全き人──kevalin.完全に束縛を離れ解脱した人のことを、ジャイナ教ではkevalinと称する。仏典一般ではそういう呼称を用いることはないのであるが、ここでは例外的にジャイナ教と共通な呼称を用いていることから見ると、この詩を作った人はジャイナ教と共通な精神的雰囲気のうちに生活していたことを示す。或る場合には「なすべきことを完了した人」と解せられている。pariniṭṭhitakiccatāyakevali(Pj.p.427,ad Sn.519).

実に執著することなく

世間に暮らしていながら全てにおいて執著しないということは実に至難であります。否、至難というよりも殆んど不可能なことでしょう。これを実行している。世間のどのような眼に晒されていようとも、何事においても動揺することなく毅然と歩みを続けている。これは誰にもなかなか真似ができません。その真似をする。一日真似すれば一日の真似。二日しても三日しても、それは真似であります。ところが、それを一生やっておったらそれは本物や、と教えられています。

一生やる。そうした心がけ。志。具体的には「日常底(にちじょうてい)」に努力を重ねる以外にありません。普段の日常に不断の努力を行っていく。日常こそ修行であるとする所以であります。「修行というと何か特別なものがあると思っておる。そうではなくして、ふつうの毎日の勤め、毎日のなすべきことを黙ってやる。それ以外にないんだ。面倒だとか意味がないとか余計なことを考えておったら、それはみな妄想(もうぞう)や。妄想することが執著(しゅうじゃく)やね。何か考えたらそれは余計や。余計なものはさっさと捨てるほかない。久修練行(くしゅれんぎょう)。それが日常底でなければ仏祖が歩まれた道とは言わんのや」と。

無一物

久修練行とは久しく修行することです。修行という言葉はこの四字熟語が語源です。修行は英語でプラクティスと訳されています。突き詰めれば「日常が修行」ということです。修行に余計なものは何も持たない。だから無一物といえます。無所有ともいいます。人間本来無一物。何も持たない。何も握りしめているものはない。無執着が無一物であるわけです。これが修行の目的です。無一物になれば、無常が「常」となる、つまり解脱するということです。

翻って我々は、余計なものをいっぱい携えて歩んでいます。だから重たい。徳川家康は「重荷を背負いて遠き道を行くが如し」と結んでいますが、これが家康の人生を振り返ったときの実感であったのです。重荷ならば捨てればよろしい。重荷とは責任でありましょう。世間ではそれが常識です。当時トップの座にありながら組織や部下の責任がほとんどで自分は裁可の責任しかないと強弁した自称武士(もののふ)とは大違いです。重荷なら捨てればいい。プライドだとか意地だとか見栄とか、そんなものが重荷です。家康と、ある元知事とは似ても似つかない。重荷を果たした人と重荷から逃げる人。重荷の扱いがまるで逆です。他人事ではありません。誰もが、ある意味、ある元知事と同じなのです。

「仏道を歩む」とかんたんにいいますが、それは仏仏祖祖の道を歩むという重い責任があります。自己が自らの責任で無一物となることが他己の福田となるのだという責任です。重荷かもしれません。重い責任があるということです。できなければただの物乞い、我執です。無一物、かんたんなことではありませんが「捨ててこそ」。何を捨てるべきかは今更申すまでもありません。

自己を制した人

自制。これを完全に出来る人が「全き人」如来であります。宇宙人。全宇宙の尊き人です。めったにお目にかかれません。ですが、おられたのです。ブッダその人です。自己を制したものが全宇宙を制した人であります。己を制することができれば、それは我慢でもなく、辛抱でもありません。耐え忍ぶことが修行の中身です。あの人がこういった。そんな余計な小さなことで目くじらを立てているようでは自制には程遠い。こだわらない、とらわれない。無執着で無一物が自制の姿であります。

発心・修行・菩提・涅槃は仏道の四大要門とも言われています。けだし、正しい発心によって仏門に入り、戒律にしたがって修行し、仏祖の教えを究め解脱して、一切の苦を滅するというものです。今日だけというものではありません。仏門に入った以上は毎日毎時間が全て修行であり、修行以外にはありません。

桜植え紅葉を植えて腰掛けて(月路)

昨日は戴いたモミジの苗木を檀家さんといっしょに玄関先に植えました。寒椿、梅花、桜花、紫陽花エトセトラ、秋には紅葉と季節の彩りが豊かになってまいりました。落ち花もまた風情です。玄関横の階段に腰掛けながら、ちょっと一服。いいものです。ほんの御礼の気持ちでお寺から線香を差し上げました。線香投資。くだらんことを言っている場合ではありません。今日からは福井に戻って引っ越しの準備とか何やらいっぱいあります。ただいま午前三時半。さあ今日も坐禅にはじまり坐禅に終わる如常(日常)が始まりました。さあ、やるぞ。

実に執著することなく世間を歩み、無一物で、自己を制した〈全き人〉がいる。──そのような人々にこそ適当な時に供物をささげよ。──バラモンが功徳を求めて祀りを行うのであるならば。

スッタニパータ455

第三 大いなる章

〈4.スンダリカ・バーラドヴァージャ〉

わたくしが聞いたところによると、──或るとき尊き師(ブッダ)はコーサラ国のスンダリカー河の岸に滞在しておられた。ちょうどその時に、バラモンであるスンダリカ・バーラドヴァージャは、スンダリカー河の岸辺で聖火をまつり、火の祀りを行なった。さてバラモンであるスンダリカ・バーラドヴァージャは、聖火をまつり、火の祀りを行なったあとで、座から立ち、あまねく四方を眺めていった、──「この供物のおさがりを誰にたべさせようか。」
バラモンであるスンダリカ・バーラドヴァージャは、遠からぬところで尊き師(ブッダ)が或る樹の根もとで頭まで衣をまとって坐っているのを見た。見おわってから、左手で供物のおさがりをもち、右手で水瓶をもって師のおられるところに近づいた。そこで師はかれの足音を聞いて、頭の覆いをとり去った。そのときバラモンであるスンダリカ・バーラドヴァージャは「この方は頭を剃っておられる。この方は剃髪者である」といって、そこから戻ろうとした。そうしてかれはこのように思った、「この世では、或るバラモンたちは、頭を剃っているということもある。さあ、わたしはかれに近づいてその生れ(素姓)を聞いてみよう」と。
そこでバラモンであるスンダリカ・バーラドヴァージャは師のおられるところに近づいた。それから師にいった、「あなたの生まれは何ですか?」と
そこで師は、バラモンであるスンダリカ・バーラドヴァージャに詩を以て呼びかれた。

455 「わたしはバラモンではないし、王族の者でもない。わたしはヴァイシヤ族(庶民)の者でもないし、また他の何ものでもない。
諸々の凡夫の姓を知りつくして、無一物(むいちもつ)で、熟慮して、世の中を歩む。

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
スンダリカ・バーラドヴァージャ――最後の散文の部分は「蛇の章」の第四「田を耕すバーラドヴァージャ」の終りの一部(二六頁)に同じ。註釈ではこの経を献菓経(Pūralāsa-sutta)と称す。この経の序文である散文の部分は他の仏典(中略)に一致する。

インド人は大きな衣で身を包むことがあるが、寒いときには頭までもその衣ですっぽりとかぶってしまう。釈尊もそのような格好で樹の下に坐していたことがあるのであろう。また釈尊は剃髪していて、いわゆる坊主頭であった。仏像に見られるような髪を整えていたのではないのである。
455 わたしはバラモンではないし……――na brāhmaṇo no'mhi.同様の表現は律蔵のうちにも存する(中略)。ちなみにnaという字は否定(paṭisedha)を意味し、noという字は決定確認(avadhāraṇa)を意味する(中略)。

王族の者――rājaputtaとは「ksatrya族の者」という意味である(中略)。

ヴァイシヤ族――vesiyānaはSkrt.vaisyāyanaに還元さるべきで、vaisyāputraと同義である。「ヴァイシャ族に属する者」の意。

また他の何ものでもない――uda koci no'mhi.註によると、añño pi suddo vā caṇḍālovā koci na homi(わたくしは、以上とは異るシュードラやチャンダーラなんかではありません)。

凡夫の姓を知りつくして――gottaṃ pariññāya puthujjanānaṃ.凡夫の生きるありさま、天性を良く知って、の意(中略)。「姓」gottaという語は、後代の仏教では、「人の向上し得る可能性」を意味することとなった(ダルマパーラの唯識説では「五姓各別」というようなことをいう)。ここにその起源が見られるのである。

以上註記より抜粋して引用した。

ブッダはスンダリカ・バーラドヴァージャさんに対し、私はバラモン(司祭)でもクシャトリア(王族・武士)でもヴァイシヤ(庶民)でもない。シュードラ(奴隷)やチャンドーラ(不可触民)でもないと言明します。身分階級制度になじまないのです。凡夫の生きる有様、天性を良く知っており、無一物(無所有)となっており、自己の姓さえ捨てている。それゆえ、何の執着もないので熟慮しながら世の中(世間)を歩んでいる、と申されました。

ブッダが剃髪しておられたことは事実で、よって僧侶は原則として剃髪します。また俗姓で呼ばずに法名(戒名)のみで呼び合います。

無所有(むしょう)、無一物(むいちもつ)と申しましても最低限の所有物はあります。三衣一鉢(さんねいっぱつ)といいますが、袈裟と衣や、托鉢と食事に使う鉢(応量器)です。これ以外は何も持たないのが原則です。最低限の衣類と食器だけで暮らしているということです。

これほどに 必要なのか 部屋の中 (月路)

あらためて身の回りを眺めますと、じつに不要なものが多いことに気づきます。そろそろ断捨離を本格的に始めないと、片付けではすまないと真剣に考えています。では、何から手をつけていくかといえば、なかなか答えが出ません。困ったものです。

「わたしはバラモンではないし、王族の者でもない。わたしはヴァイシヤ族(庶民)の者でもないし、また他の何ものでもない。
諸々の凡夫の姓を知りつくして、無一物(むいちもつ)で、熟慮して、世の中を歩む。