タグ別アーカイブ: 獅子吼

スッタニパータ562

第三 大いなる章

〈七、セーラ〉

562(セーラは弟子どもに告げていった)、──「きみたちよ。まなこある人の語るところを聞け。かれは(煩悩の)矢を断った人であり、偉大なたけき人である。あたかも、獅子ししが林の中でえるようなものである。

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた

獅子吼ししく」については何度かこのブログでも取り上げてきましたが、これほど明瞭に獅子吼について説かれているのは本詩が最初でありましょう。後世の仏典の典拠がここにもあります。

この詩句での重要なポイントは二点あります。その第一点は「眼ある人」第二点は「矢を断った人」です。順をおって確認しておきましょう。

まず眼とは何かということです。両眼でないことは明らかです。これを心眼と解すると途端に迷路に入ってしまいます。訳がわからなくなります。そうではなくして、正法眼蔵のことです。本来は仏法の端的な、すなわち肝心要の事柄を意味するとされています。道元禅師様の著作のタイトルに使われた禅家の心印でもありますが、ここでの眼は本来の正法眼蔵の意であります。簡単にいうと眼とは一番大事なことです。眼ある人とは、じつに一番肝心なことを知っている人ということ、つまり真理を知っている人ということです。

次の「矢を断った人」は決して忘れてはならないほど大事な話です。ここは目を皿のようにしてしっかりと聞いて下さい。煩悩の本質です。悪魔の正体です。今日このブログを見逃した人は、一生知らないで後悔することになります。さっと読み飛ばしてしまうほど愚かなことはありません。よろしいでしょうか。このことを知っていれば、清らかな境地に一歩も二歩も近づきます。

矢のように瞬時に刺さる煩悩

結論から申しますと、脳の働きの最も大きな部分です。現代的にいえば、そうなります。誰にでも脳はあります。様々な身体の働きを制御している中枢です。その脳の働きの中で、悪魔、敵ともいえる攻撃神経が実際に存在します。それは瞬間瞬間に間断なく襲ってくる神経回路です。これを抽象的に欲望とか妄想とか執著とか傲慢さとか勝手に名付けていますが、これは一言でいえば、矢なのです。自分を煽ったり、傷つけたり、落ち込ませたり、喜怒哀楽の元凶であります。この得体の知れない実際に沸き起こる感情を「煩悩」と呼んだだけなのです。

この矢は普通、断つことは出来ません。寝ている最中にも攻撃してきますから、夜熟睡できないのです。夜に熟睡できないでいるとどうなるか。これは科学的にも証明されていますが、認知症の原因物質が脳から排出しにくくなるのです。よろしいでしょうか。認知症になりたくなければ、この矢を断つ努力が必要です。

ブッダは単に結跏趺坐して瞑想していたわけではありません。何も考えないというのは、半端な努力じゃないのです。頭に降りかかる火の粉を払うがごとく、何も考えない時間を日課とする必要があるのです。よく坐禅を始めた人がいう科白ですが「色んなことが頭に浮かんできまして、中々無念無想とはまいりません」。当り前です。正常な人は先程申し上げた「攻撃神経」に気づくはずです。矢でも鉄砲でもいいんですが、それこそ矢継ぎ早にやってくる「煩悩」の火を消すしかないのです。

消し方は、ただ一つです。呼吸に意識を向けるだけです。一息一息しかないことがお分り頂けましたか。この火を妄想と呼ぶのが一番実態に近いでしょう。全て頭に浮かんでくることは、妄想と決めつけて良いのです。妄想なんですから。攻撃神経という悪魔の放った矢を片っ端から断つ。これが坐禅の実際です。昨日坐禅を始めた人も悟りを得た高僧も、やっていることは全く同じです。これ以外ありません。やるかやらないかだけです。寝ている場合じゃないのです。

(セーラは弟子どもに告げていった)、──「きみたちよ。まなこある人の語るところを聞け。かれは(煩悩の)矢を断った人であり、偉大なたけき人である。あたかも、獅子ししが林の中でえるようなものである。

 

スッタニパータ416

第三 大いなる章

〈1.出家〉

416 「大王さま。この修行者はパンダヴァ山の前方の山窟の中に、虎か牡牛のように、また獅子のように坐しています」と。

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
現在王舎城の遺跡のあたりには虎や獅子は棲息していないが、昔は実際に出没していたのであろう。だからこの譬喩は実感があったのである。

以上註記より引用した。

釈尊の声を「獅子吼」といいます。このブログのタイトルは「ブッダの声」ですが、言い換えれば獅子吼、ライオンの雄叫びであります。また釈尊の坐った場所は獅子座(金剛座・金剛法座)といいます。百獣の王ライオンの座っている姿、立っている姿、眠っている姿、歩く姿。釈尊の行住坐臥はまさしく真理の世界王であられたわけです。

修行者ゴータマは坐して禅定を楽しんでおられた。その姿は虎か牡牛あるいは獅子のようであったとビンビサーラ王に報告されたのであります。これは修行の様子を如実に物語っています。虎や獅子が襲ってくるかもしれない山の中の洞窟で、命がけで坐禅しておられた。この緊張感というかギリギリの状況での坐禅であります。ゆったり部屋で瞑想を行っていたなどという生易しいものではなかったのです。

命がけというのは「クマが襲ってくるかもしれない山の中で修行する」ようなものです。現在であれば無茶の一言ですまされるでしょう。当時でも同じです。無茶なことです。ところが、ブッダはその時、虎や獅子に襲われることのない確信を持っていたのです。この命、虎に食われて失うものならば是非に及ばず、それだけの者であるという確信です。ここが賭けではなく、信の力の壮絶なところです。徹底的に己を信じる。言葉では簡単ですが、そういう信がなければ、修行などと軽々しく口にできないのであります。

修行とは 雪をも溶かす 坩堝(るつぼ)かな (月路)

いつの時代にも何かを成し遂げた者は、すべて命がけでありました。決して真似できるものではありませんが、坐禅しながら眠るなどとは正反対の、自らへの信義を貫く、真の勇者の姿。真剣。それが今日まで伝えられた「坐禅の命」であると思っております。

この命 真の実行 小春かな (正道)

「大王さま。この修行者はパンダヴァ山の前方の山窟の中に、虎か牡牛のように、また獅子のように坐しています」と。