タグ別アーカイブ: 眠気

スッタニパータ433

第三 大いなる章

〈2.つとめはげむこと〉

433 (はげみから起る)この風は、河水の流れも涸らすであろう。ひたすら専心しているわが身の血がどうして涸渇しないであろうか。

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
この風――苦行による激しい呼吸。

専心している――pahitattassa,つとめて自己を専注すること。

以上註記より引用した。

激しい呼吸をしていると手足が痲れてきます。一般には過呼吸というもので、荒行の一つです。血液がアルカリ性に変わり、血液中の酸素の量が増え二酸化炭素の量が減ります。たちまちには死に至らないようですが、動悸、息苦しさ、眠気、激しい耳鳴り、悪寒などに苛まれます。河水の流れというのは血流のことです。血流が涸れるというのは、心臓の鼓動が止まる、すなわち死を意味します。何もそこまでと、ナムチならずとも思ってしまいますが、なぜ荒行を重ねたのかという理由が次の詩句からつぶさに述べられていきます。

ひたすら専心しているということは、道元禅師の言葉を借りれば「只管打坐(しかんたざ)」ということです。ただひたすらに坐禅に打ち込む。昨日添付しました釈迦苦行像をみれば一目瞭然です。背筋を伸ばし、何が起ころうとも心を動かさず、ひたすら結跏趺坐している。骨と皮ばかりになりながら、何も食べず、飲まず、荒行中の荒行である坐に徹しきっておられます。黙って、じっとしているほど辛いことはありません。安楽の法門といわれますがそれは後世のこと。足が痛くなるのを通り越して、足の皮が腐り出します。肩が凝るのを通り越して、血が真っ青に固まってしまいます。何度も心臓が止まるのがわかる。

一番の難関が眠気との戦いです。睡魔が襲ってまいります。この大軍は遥かに強力な戦隊であります。矢継ぎ早に襲ってきて苦しめます。一人で坐禅をするとわかるのですが、空腹とか喉の渇きや足の痛み、肩の辛さや、腰の重さとは比べものにならないほど、眠気には負けそうになるものです。怠惰と対極にあるものが精励ということです。怠惰は悪魔と同義です。ナムチの軍勢は、あの手この手を使って苦行者ならずとも精励している者を滅ぼそうと手ぐすね引いています。少しの隙きをついて怒涛のごとく押し寄せる大軍勢に、ほとんどの人々はあっさりと陥落してしまうのであります。

暦みて 吉祥なるか 初薬師 (月路)

昨日まで初祈祷の御札などと一緒に「吉祥暦(きっしょうれき)」というものを配っておりました。一枚広げて見たのですが、江戸時代に流行した昔ながらのもので、今風にいえばカレンダーなのですが、本だとどこかへしまい忘れてしまいますが、壁に貼っておくと何かと便利です。古希まであと六年。えらい年寄りになったのかなあと思わずにはいられません。昭和32年生まれの人が今年は還暦ですよ。感慨深いものがあります。自分では今でも青春だと思ってはいますが、だいたい考えることや思うことが年寄り臭くなってきたことは確かです。そうは言ってもわたしにも目標というものがあります。そうそうナムチ君とつきあってもおれません。今日は初薬師。薬師如来は無明という病気をなおす仏さまです。大乗仏教が御利益信心みたいに思われている向きもありますが、無明すなわち迷いを捨てる薬は自身の精励(はげみ)以外にないことを改めて教えてくれています。

↓朝の爽やかさと同じ爽快な気分になりました。吹石一恵さん風?

(はげみから起る)この風は、河水の流れも涸らすであろう。ひたすら専心しているわが身の血がどうして涸渇しないであろうか。

スッタニパータ331

第二 小なる章

〈10、精励〉

331 起(た)てよ、坐れ。眠って汝らに何の益があろう。矢に射られて苦しみ悩んでいる者どもは、どうして眠られようか。

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
坐れ――足を組んで禅定を修せよ、の意。
 
人間にはいろいろの欲望があるが、強い意志があれば、それを制御することができる。しかし、いかんとも超克し難いのは、睡眠したいという欲望である。だから、それを制御せよ、というのである。
 
以上註記より引用した。

修行の初めは、とにかく眠いものです。それは修行の何たるかを体で理解できていないからです。若くても年老いていても、朝から晩まで動きずくめで、心身ともに疲れておれば、眠くなるのも致し方ない。ところがこれを母のように許してしまうと、可哀想にその子が一人前にならないのです。師というものは、涙を呑んで慈悲を持って、これを打つのです。これは、仏法の修行としては、上座部であろうが大乗であろうがチベットやその他のいかなる宗派とて全く同じであります。

その最も根源的な事由が、この節のお経(奮起経)に説かれています。眠って何の益がある、ありはしない。世間の人々が起きて働いているのに、坊さんが眠っていていいわけがない。嫌なら娑婆に戻って行き詰まって舌噛んで死ねとまでは申しませんが、坊さんになったからといってボウ―っとしている暇はないのだと、厳しく諭されます。それはもう特に坐禅のときや読経のときに眠ってなぞいたら、半端ない口宣(くせん)が飛んできます。禅宗では警策(きょうさく・けいさく)といって堅い木で作った平たい棒で肩を痛打されます。

昔は下駄で殴られたとも聞きます。しかし昔のお坊さん方は随喜の涙を流したといいます。なぜならば、修行して一人前のお坊さんになって、国元の父や母に喜んでいただきたい一心で厳しい修行に耐えてみせると決意したからであります。多くは貧しい家庭でした。親のいない子供たちもたくさんいました。寺の前に捨てられていた赤ちゃんもいたのです。寺だけが帰る場所でした。じつに帰りたくとも帰れなかったのであります。

その修行者である若き仏たちに向って、入門の間もない頃に、そのお寺の堂頭(どうちょう)老師(住職等)は、静かに頭を垂れて合掌して申します。「若き仏たちよ。どうか慈悲をもってお許しくだされ。そなた達を打つ吾を、そなた達を打つ吾を」……涙でむせぶ先輩和尚の傍らで小僧さんたちがキョトンとした顔で聞いています。ですが、いずれ身をもって知ることになるのです。厳しい修行とは、眠気との戦いであることを。

沙弥の坐禅
沙弥の坐禅

起てよ、坐れ。眠って汝らに何の益があろう。矢に射られて苦しみ悩んでいる者どもは、どうして眠られようか。