タグ別アーカイブ: 育ちの良い人

スッタニパータ532

第三 大いなる章

〈6.サビヤ〉

532 内面的にも外面的にも執著の根源である諸々の束縛を断ち切り、一切の執著の根源である束縛からのがれている人、──そのような人が、まさにその故に〈育ちの良い人〉と呼ばれるのである。」

そこで、遍歴行者サビヤは師の諸説をよろこび随喜し、こころ喜び、楽しく、嬉しく、欣快の心を生じて、さらに尊師に質問を発した。

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた

一般に、生れ育ちの良い人というのは出自というか血統や家柄で言うことが多いのは今も昔も変わりません。当時はカーストなどの身分制度が厳格でしたから当然にその線で回答がなされると思われたことでしょう。ところが、ブッダは全く別の観点で理法を説かれました。今回の4つの質問に対する4つの回答のうち、今日のこの詩句はまとめでもあります。繰り返しになりますが、生れ育ち(家)を離れた人が、まさにその故に、生れ育ちの良い人、つまり高貴な人、選ばれし人であると説かれたのであります。

解脱するには

生れ育ちというのは、執著の根源である諸々の束縛ということです。これを象徴してと言っているわけです。外面的な家というのは、環境ということです。認識の対象といってもいいでしょう。内面的というのは感受と認識であります。これは今までさんざん学んできましたから繰り返しません。この束縛を断ち切り、一切の執著の根源である束縛からのがれている人。すなわち解脱した人。出家するというのは、外も内も家という束縛から脱出することであります。執著というとらわれから脱するには、束縛を解くほかにありません。解き脱することから、解脱げだつと呼ばれております。解脱するには執著しないこと。それは束縛を断ち切り、束縛から脱することであると説かれているのであります。束縛からのがれることなくして、執著を離れることはまことに困難であります。まさにここを適確に突いておられます。

一番や花の名所は多けれど(月路)

あっという間に花が散りましたが、ここ西吉野のお寺の桜が一番です。昨日は高田までバーベキュー用のお肉を書いに出かけました。檀家さんの差し入れです。ありがたいことです。道道すっかり散り終わった桜。葉桜となった町々を抜けて、お寺に帰ってきました。吉野は見事でしたが、桜の木の多さからいえば世界一かもしれませんが、ここの枝垂れ桜は満開。我が家が一番。みんなそうでしょう。どこへ出かけていっても、帰ってくるところが一番落ち着きます。まるでお帰りなさいと言わんばかり。ただいま。だれに告げるというより、だれも聞いていませんが、只今。「ただ今」しかありません。お後がよろしいようで。

内面的にも外面的にも執著の根源である諸々の束縛を断ち切り、一切の執著の根源である束縛からのがれている人、──そのような人が、まさにその故に〈育ちの良い人〉と呼ばれるのである。」