タグ別アーカイブ: 色即是空

スッタニパータ516

第三 大いなる章

〈6.サビヤ〉

516 全世界のうちで内面的にも外面的にも諸々の感官を修養し、この世とかの世とを厭(いと)い離れ、身を修めて、死ぬ時の到来を願っている人、──かれは〈自己を制した人〉である。

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた

どうしたら比丘は自制できるか。サビヤさんの三番目の質問に対して、ブッダは感覚器官を修養しなさいと言われています。この感覚というのは、外面的な五官により内面的な五感がもたらされるので、そこに意識を向けて修行しなさい、それが心の修養つまり心構えであり、現実的な対応だということです。もっと簡単にいうと、目や耳に入ってくる情報に好き嫌いの感情が生じます。これは好ましいとか好ましくないとか、あるいは快・不快といった気持ちのことです。この気持ちを冷静に観察するのです。すると「好き」が貪欲となり「嫌い」が怒りにつながっていく様子がはっきりします。また「どうでもいい」と無関心でいると虚無に陥ります。ではどうしたら良いかといえば、ここが修養、修行の要ですが、黙って「全て妄想」であると気づくことです。感覚に実態はないというしっかりした心構えがなければ、そのまま感情に流されていきます。その感情の激流に流され溺れれる前に、激流を渡るのです。どのように渡るか。空を知ることです。色即是空。目に見えるもの、耳に聞こえるもの、臭覚、味覚、触覚の感覚の全ては空であり、それによって思うことは全て妄想であり、実態のないものであり、とらわれるものではないという真理を実行するのです。今までに学んだ仏法が現実の生活の中で活かされなければ、ただのお話です。他人事です。いつまで経っても自分事になりません。を積極的に意識する。それは虚無ではありません。キーワードは色即是空。それが般若の智慧です。般若心経のなかの中心です。

身を修めて

このを身体で知り覚えるのが坐禅です。いつも背筋を伸ばしている。これは無意識になるまで訓練が必要です。姿勢や態度に気を付けていると、余計なことを思わず考えずにおれます。妄想が少なくなるのです。道元禅師が著した「普勧坐禅儀」を読むとよく分かるのですが、徹底して姿勢に注意することが事細かに述べられています。坐禅中に無心になるにはどのようにすれば良いかではありません。もうそういうレベルは超えましょう。ただただきちんと坐る。正身端坐といいますが、まさに身を正す以外無いのです。何か考えたらそれは余計なこと。妄想しそうになったら背筋を伸ばすのであります。これは道場以外の場所でもすぐに出来ます。首筋に意識を向けることです。なんにも考えないということは、身体の芯が真っすぐにならないと実現できません。そういうのが心構えです。この世とかあの世とか、そういうものも離れて、身を修める。きちんとするということです。

片付ける物の置き場を片付ける(月路)

整理整頓。これが私の今日的課題です。物がやたらと多いことに、引っ越しの際に嫌というほど気付かされました。困ったものです。土木工事に掛かる前に建築工事ということで、道具類を片付ける物置場を作ることにしました。友の倉庫を見た時にきちんと整理されているなあと思いましたし、とにかく勝手口が道具だらけで通行不能に近くなってきました。ここからやらねばと思っています。

どうもわたしは一言も二言も多い。これは昨日の総会でも自身で気づきました。あとから考えれば云わなくてもいいことまで、ついつい説明のために言ってしまう。自分の嫌いな部分です。これも観念なんですが、ここはいい年になったんだから少しは是正しなきゃならんと思っています。ただし若いうちは自分が正しいと思ったことは言うべきだと思います。またどんどん思う存分行動すべしといいたい。胸のうちにしまって、言いたいことを封鎖していると、どこかで暴発します。そういう怖さを感じます。引きこもりが相変わらず多いそうです。引きこもって何もしていないのが一番怖い。せめて遊びに行ってほしい。そんな風に思いました。

全世界のうちで内面的にも外面的にも諸々の感官を修養し、この世とかの世とを厭(いと)い離れ、身を修めて、死ぬ時の到来を願っている人、──かれは〈自己を制した人〉である。

スッタニパータ431

第三 大いなる章

〈2.つとめはげむこと〉

431 わたしはその(世間の)善業を求める必要は微塵もない。悪魔は善業の功徳を求める人々にこそ語るがよい。

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた

ブッダその人に棲んでいた悪魔ナムチは、人々が求める輪廻を目指すように執拗に勧めたのですが、ブッダは耳を貸そうとはしませんでした。人々が求める輪廻とはいうまでもなく善所に生まれ変わることです。「ええとこに参る」つまり極楽往生というものです。悪道に落ちずに天界に昇るもしくは人間界に戻ってくることを意味しています。ブッダ在世当時にもこうした輪廻思想は既に人々に敷衍しており、釈尊もそれ自体は否定されなかったと言われています。ブッダ釈尊は、その輪廻からの脱出に挑んだわけです。出離から解脱へ、そして涅槃と呼ばれる完全な自由を求めていたのです。

人間であれば、およそ誰も果たしていない未踏の地、それは輪廻という縛りからの開放であります。世界は空であります。実態はあるようで無い。無いようで有る。それは形而上の言葉で表現すれば、眼や耳などの感官によって得られる感覚によってのみ掴んでいる実態のない世界に実感をもって実在しているというようなものです。ああややこしや。そこにあるのは、パソコンやスマホの世界の中のような電子的な世界と同様に、一定の摂理によって世界が構築されており、だれか絶対的な存在が支配しているわけではなく、互いの緻密で綿密かつ膨大な無限ともいえる連鎖、ネットワーク社会の中に生きているということなのです。さらにややこしい話ですが、一言でいえば色即是空。受・想・行・識またかくの如し。

なにはともあれ多くの人は生かされているわけです。それを有難く受け取って、できるだけ善いことをして、輪廻の法則にしたがって生を全うし、心安らかに天上界に生まれ変わりましょうというのが、ナムチくんの誠心的な勧誘であります。こう書くと、非難轟々かもしれませんが、般若心経に書かれている大意は、無と空です。ナムチ君の勧誘に乗っては、またこの辛い輪廻をぐるぐる廻って、時には地獄に落ちたり、時には餓鬼や畜生に身を落としたりしながら、人間のときには喜怒哀楽。天上では極楽気分に浮かれ、ああ知らないよ。そうやって無限の連鎖社会に生きて死んでまた生きて死んでいく。

猿沢や 起きては巡る 輪廻かな (月路)

今朝は奈良のビジネスホテルにて目覚めました。善業の功徳を説くものをナムチとブッダは呼んでいます。仏教の本質は、既存の宗教観にない危険な思想だと思われるかもしれません。ここだけを切り取ったら確かにそうでしょうが、これはあくまでも輪廻からの解脱を求める修行者に対するものです。ここに述べられていることは、偽りのない真実であって、多くの人々にナムチが訪れることはありません。なぜならばナムチが囁くまでもなく、人々はその善業さえ求めようとしないのですから。

わたしはその(世間の)善業を求める必要は微塵もない。悪魔は善業の功徳を求める人々にこそ語るがよい。