タグ別アーカイブ: 苦行者

スッタニパータ433

第三 大いなる章

〈2.つとめはげむこと〉

433 (はげみから起る)この風は、河水の流れも涸らすであろう。ひたすら専心しているわが身の血がどうして涸渇しないであろうか。

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
この風――苦行による激しい呼吸。

専心している――pahitattassa,つとめて自己を専注すること。

以上註記より引用した。

激しい呼吸をしていると手足が痲れてきます。一般には過呼吸というもので、荒行の一つです。血液がアルカリ性に変わり、血液中の酸素の量が増え二酸化炭素の量が減ります。たちまちには死に至らないようですが、動悸、息苦しさ、眠気、激しい耳鳴り、悪寒などに苛まれます。河水の流れというのは血流のことです。血流が涸れるというのは、心臓の鼓動が止まる、すなわち死を意味します。何もそこまでと、ナムチならずとも思ってしまいますが、なぜ荒行を重ねたのかという理由が次の詩句からつぶさに述べられていきます。

ひたすら専心しているということは、道元禅師の言葉を借りれば「只管打坐(しかんたざ)」ということです。ただひたすらに坐禅に打ち込む。昨日添付しました釈迦苦行像をみれば一目瞭然です。背筋を伸ばし、何が起ころうとも心を動かさず、ひたすら結跏趺坐している。骨と皮ばかりになりながら、何も食べず、飲まず、荒行中の荒行である坐に徹しきっておられます。黙って、じっとしているほど辛いことはありません。安楽の法門といわれますがそれは後世のこと。足が痛くなるのを通り越して、足の皮が腐り出します。肩が凝るのを通り越して、血が真っ青に固まってしまいます。何度も心臓が止まるのがわかる。

一番の難関が眠気との戦いです。睡魔が襲ってまいります。この大軍は遥かに強力な戦隊であります。矢継ぎ早に襲ってきて苦しめます。一人で坐禅をするとわかるのですが、空腹とか喉の渇きや足の痛み、肩の辛さや、腰の重さとは比べものにならないほど、眠気には負けそうになるものです。怠惰と対極にあるものが精励ということです。怠惰は悪魔と同義です。ナムチの軍勢は、あの手この手を使って苦行者ならずとも精励している者を滅ぼそうと手ぐすね引いています。少しの隙きをついて怒涛のごとく押し寄せる大軍勢に、ほとんどの人々はあっさりと陥落してしまうのであります。

暦みて 吉祥なるか 初薬師 (月路)

昨日まで初祈祷の御札などと一緒に「吉祥暦(きっしょうれき)」というものを配っておりました。一枚広げて見たのですが、江戸時代に流行した昔ながらのもので、今風にいえばカレンダーなのですが、本だとどこかへしまい忘れてしまいますが、壁に貼っておくと何かと便利です。古希まであと六年。えらい年寄りになったのかなあと思わずにはいられません。昭和32年生まれの人が今年は還暦ですよ。感慨深いものがあります。自分では今でも青春だと思ってはいますが、だいたい考えることや思うことが年寄り臭くなってきたことは確かです。そうは言ってもわたしにも目標というものがあります。そうそうナムチ君とつきあってもおれません。今日は初薬師。薬師如来は無明という病気をなおす仏さまです。大乗仏教が御利益信心みたいに思われている向きもありますが、無明すなわち迷いを捨てる薬は自身の精励(はげみ)以外にないことを改めて教えてくれています。

↓朝の爽やかさと同じ爽快な気分になりました。吹石一恵さん風?

(はげみから起る)この風は、河水の流れも涸らすであろう。ひたすら専心しているわが身の血がどうして涸渇しないであろうか。

スッタニパータ284

第二 小なる章

〈7、バラモンにふさわしいこと〉

わたしが聞いたところによると、──あるとき尊き師(ブッダ)はサーヴァッティー市のジェータ林、〈孤独な人々に食を給する長者〉の園におられた。そのときコーサラ国に住む、多くの、大富豪であるバラモンたち──かれらは老いて、年長け、老いぼれて、年を重ね、老齢に達していたが──は師のおられるところに近づいた。そうして師と会釈した。喜ばしい思い出に関する挨拶のことばを交したのち、かれらは傍らに坐した。
そこで大富豪であるバラモンたちは師に言った、「ゴータマ(ブッダ)さま。そもそも今のバラモンは昔のバラモンたちの守っていたバラモンの定めにしたがっているでしょうか?」〔師は答えた〕、「バラモンたちよ。今のバラモンたちは昔のバラモンたちの守ったバラモンの法に従ってはいない。」「では、ゴータマさまは、昔のバラモンたちの守ったバラモンの法をわれらに話してください。──もしもゴータマさまにお差支えがなければ。」「では、バラモンたちよ、お聞きなさい、よく注意なさい。わたしは話してあげましょう。」「どうぞ」と、大富豪であるバラモンたちは、師に答えた。
師は次のことを告げた。──

284 昔の仙人たちは自己をつつしむ苦行者であった。かれらは五種の欲望の対象をすてて、自己の(真実の)理想を行なった。

〈中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より〉


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
バラモンにふさわしいこと――この教えについては漢訳『中阿含経』第一五六経、梵波羅延経(大正蔵、一巻、六七八頁上以下)参照。最後の散文の部分は、「大いなる章」の第五の終り(一〇五―一〇六頁)と同じ内容である。

ここでは、真のバラモンとなることを教えているのである。「仏教徒」となることを教えているのではない。これは、仏教の発展の最初期の段階の教えだからである。

大富豪であるバラモンたち――その原語 brahumana mahasala は、直訳すると「大きな家屋のあるバラモンたち」の意。しかし財産のあることを意味する(jatiya brahmana mahasarataya mahasala,yesam kira nidahitva thapitam yeva asitikotisamkham dhanam atthi,te mahasala ti vuccanti.)。

昔のバラモンたちの守っていた――poranam brahmanam.
284 欲望の対象――kamaguna.第一七一詩に対する註記参照。

以上註より一部省略して引用した。

ブッダは仏教の開祖、創始者とされていますが、ブッダには新しい宗教を興すなどという野望を持ちあわせているはずもなく、ただ自らの覚ったことを当時の社会における常識や現状の中で教えを説かれたものです。当時のバラモン教社会の現状は、さしずめ現在の仏教社会の現状に酷似しているのかもしれません。当時のインドにはむろん仏教徒などはいないのですから、バラモン教徒について語るしかないのであります。註記にもありますように、真のバラモンとなることを教えているのであって「仏教徒」となることを教えているのではありません。これは、仏教創成の最初期の段階だからであります。

昔の仙人(バラモン)たちは自己をつつしむ苦行者であった――今のバラモンは、とても仙人と呼べないので昔の仙人という表現になっています。ここで重要なことは、自己をつつしむ苦行者であったことです。今のバラモンたちは自己を慎まない宗教儀式専門家であると断じておられるのです。こう申し上げると、どこかの国の職業僧侶を指しているとは思われませんでしょうか。嫌味ではなく現実のありのまま、事実として申し上げているのです。

五種の欲望の対象を捨てて、自己の理想を行った。――苦行の中身は煩悩を捨てることと自らが真実と信じるところ(本心)に従い理想を行う、つまりは真理の実践であります。教えの中身を実行していたので、自己を慎む苦行者たりえたのです。つまるところ尊敬に値する人々であり仙人の名に恥じない方々であったと述べられておられます。ブラフマン(梵天)に仕える祭祀者は清浄な道を歩んでおられたからこそでありました。日本に置き換えると神主さんたちが神に仕える奉仕者であるとともに清廉潔白であったように、あるいは僧侶が法要儀式を行いつつ清貧であり托鉢による生活で支えていたように、本分を忘れていないことが最低の条件でありました。いつの時代も神仏の近くに住むものが堕落しては世の中の不興を買うばかりか、社会がおかしくなる元凶ともなります。

この節のお話は決して昔話ではないことを強調しておきたいと存じます。まさに耳に痛い話であり、吾がこととして心すべき仏道の大前提であります。道元禅師様はこれを「学道はすべからく貧なるべし」と説かれております。宮崎禅師は、お師匠さまである小塩誾童(こしおぎんどう)老師について「いつも小僧と同じものを食べて、誰よりもはよう起きて坐禅しよる。偉い人やったなあ」と述懐されておりました。

昔の仙人たちは自己をつつしむ苦行者であった。かれらは五種の欲望の対象をすてて、自己の(真実の)理想を行なった。