タグ別アーカイブ: 論語読みの論語知らず

スッタニパータ595

第三 大いなる章

〈九、ヴァーセッタ〉

595 三ヴェーダに説かれていることがらを、われわれは完全に知っています。われわれはヴェーダの語句と文法とに精通し、ェーダ読誦どくじゅについては師に等しいのです。

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
ヴェーダ読誦――註にしたがって解した(jappe ti vede.Pj.)。

以上註記より引用しました。

ヴェーダはこれまで何度も出てまいりましたが、バラモン教の聖典であり当時の最高権威の経典といえましょう。この聖典に精通しております、と自己アピールしているぐらいですから、実際に研鑽を重ねたのでしょうし、自信もあったのでしょう。師匠と比肩できるとまで豪語しております。経典に精通している、学問として完璧に身につけている、儀式作法にも抜かりはない。そうしたバラモンとして自他共に認める二人でありますと、ブッダに自己紹介されています。

論語読みの論語知らず

という言葉があります。この二人がヴェーダ読みのヴェーダ知らずとは申しません。経典読みの経典知らずなどと揶揄するものでもありません。かれらはバラモンとは一体何者であるのかということを求めていた真摯な青年たちでありました。

生れも育ちも良い彼らが、高等教育を受けて何不自由なく育った彼らは、純粋に求めていたのです。この求める気持ちは大事な機縁であります。どこかに不安があったのでしょう。これで良いのかしらんという一抹の不安があったことは確かです。ブッダのところへ出向いたのもそうした動機からでしょう。仏教においても全く同様なことがいえます。仏教学に精通し、法要儀式を体得した者であっても、どこかしら不安を抱えています。これでいいのかと。