タグ別アーカイブ: 降魔成道

スッタニパータ517

第三 大いなる章

〈6.サビヤ〉

517 あらゆる宇宙時期と輪廻と(生ある者の)生と死とを二つながら思惟弁別して、塵を離れ、汚れなく、清らかで、生を滅ぼしつくすに至った人、──彼を〈目ざめた人〉(ブッダ)という」

そこで、遍歴の行者であるサビヤは、師の説かれたことをよろこび、随喜し、こころ喜び、楽しく、嬉しく、欣快の心を生じて、さらに師に質問を発した。

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
あらゆる宇宙時期と……――ブッダガヤーにおけるブッダの成道に関する伝記参照。

以上註記より引用しました。

Buddha-gayā(ブッダガヤー)は一般にブッダガヤ(仏陀伽邪)と呼ばれています。釈尊成道の地として仏教の最高の聖地とされています。この地でブッダは覚りを開かれ覚者と成られたとされています。中村元先生の註記にある成道に関する伝記は様々ですが、中でも宇宙時期と輪廻と生死に関することは、次の記述から読み解いて参りましょう。

成道直後

「わたしはこのように聞いた。或るとき尊師は、ネーランジャラー河の岸辺で、ウルヴェーラー(村)において、アジャパーラという名のニグローダ樹(=バニヤンの樹)のもとでとどまっておられた。さとりを開かれたばかりのときであった。
 さて尊師が独り静かに坐して瞑想しておられたときに、次のように思われた、――「わたしは、もはや苦行から解放された。わたしが、あの(ためにならぬ苦行)から解放されたのは、善いことだ。わたしが安住し、心を落ち着けて、さとりを達成したのは、善いことだ」と。
 そのとき悪魔・悪しき者は、尊師が心で思われたことを知って、尊師のところにおもむいた。近づいてから、尊師に詩を以って語りかけた。――「人々は苦行によって浄められるのに、その苦行の実行から離れて、清浄に達する道を逸脱して、浄くない人が、みずから浄しと考えている」と。
 そこで尊師は、「この者は悪魔・悪しき者なのだ」と知って、悪魔・悪しき者に、次の詩を以って答えた。――「不死に達するための苦行なるものは、すべてためにならぬものであると知って、――乾いた陸地にのり上げた船の舵や艫のように、全く役にたたぬものである。さとりに至る道――戒めと、精神統一と、智慧と――を修めて、わたしは最高の清浄に達した。破滅をもたらす者よ。お前は打ち負かされたのだ。」
 そこで悪魔・悪しき者は、「尊師はわたしのことを知っておられるのだ。幸せな方はわたしのことを知っておられるのだ」と気づいて、打ち萎れ、憂いに沈み、その場で消え失せた。」(サンユッタ・ニカーヤ 第一集 第四篇 悪魔についての集成 第一章 第一節(「ブッダ 悪魔との対話 サンユッタ・ニカーヤ Ⅱ」中村元訳 岩波文庫)

有名な降魔成道の瞬間を表した記述から、釈尊の成道は偶然の出来事ではないことが解ります。戒めと、精神統一と、智慧と。戒定慧の三学に依らずして覚りはありません。そして覚りの内容は「縁起」と「四聖諦」「八正道」「十二因縁」などの思想や哲学といった学問的なものではありません。これは後世に智慧の説明としてまとめられたものです。ブッダがさとられた内容をわれわれが言葉で知ることはできないのです。以外に思われるかもしれませんが、抽象的に伝えるしかないのです。思惟弁別して、とあります。普通に考えたぐらいで覚りに入ることはできません。ところが自らを調御し、手を組み足を組んで、為になることだけを考えると段階をおって見えてまいります。あらゆる宇宙時期とは何か。輪廻とは何か。生死とは何か。これらの鮮明な理解が自己に生じます。これは「さとりに至る道」いわゆる修行で身体全部で知ることなのです。理論で知ろうとするから理論の激流にあっさりと流されるのです。離塵尊(りじんそん)です。塵を離れて汚れなくなり清くなり生を滅ぼす、つまりは解脱し完全なる死を迎え、涅槃に入る。それがブッダであると説かれております。

まだ咲かぬ咲いてしまえば散るのみぞ(月路)

東京では桜が満開とか。こちらはまだまだ寒い。近くの乗鞍岳には雪が降っているらしく山が白くなっていました。春まだ遠し。しかし蕾は少しずつ少しずつ膨らんでいます。楽しみです。花は愛惜に散り。見向きもしない花もあれば桜のようにちやほやされる花もあります。好き好きですが、わたしは梅の花が好きですね。ようやく散り初めです。息が長い。われもかくありたいと。

あらゆる宇宙時期と輪廻と(生ある者の)生と死とを二つながら思惟弁別して、塵を離れ、汚れなく、清らかで、生を滅ぼしつくすに至った人、──彼を〈目ざめた人〉(ブッダ)という」

スッタニパータ442

第三 大いなる章

〈2.つとめはげむこと〉

442 軍勢が四方を包囲し、悪魔が象に乗ったのを見たからには、わたくしは立ち迎えてかれらと戦おう。わたくしをこの場所から退けることなかれ。

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた

ブッダ釈尊が坐禅している周りに旗を翻した悪魔の軍勢が取り囲みます。悪魔の総大将ナムチが王の象徴である象にまたがり勝ち誇るようにして陣触れを発します。最後の総攻撃が開始されました。

「立ち迎えて彼らと戦おう」とありますが、ここでは実際に立ち上がって戦うのではありません。一歩も退かないという意味であり決してその場を動かないという不動の決意であります。

降魔成道とは実際に何をしたのか?

降魔成道といわれるように成道に降魔という言葉がついています。この降魔は文字通り悪魔を降したという意味ですが、文献によれば触地印あるいは降魔印といって右手を地面につけている像がたくさん残っておりまして、その降魔の様子が克明に描かれています。わたしの家の仏壇にも降魔成道の釈尊像を祀ってあります。この触地印(そくちいん)ですが、なぜ地面に触れているのかが、長い間疑問でありました。いわく悪魔よ地獄に戻れ、地にひれ伏せよ、あるいは大地の神を出現させといった解説もされるのですが、いずれも神話的であり、どこか釈然としませんでした。

決してこの場を離れない不動心

その答えが「私をこの場所から退けることなかれ」という言葉でありました。結跏趺坐しながら左手を上に向け、右手を地面に触れているのは正しくこの場を退かない、すなわち誘惑に負けないことを指し示しているのではないでしょうか。やってみるとわかりますが、この釈尊の教えが身体で再現されるのです。坐禅の最中にも、ありとあらゆる妄想が襲ってまいります。その妄想を断ち切るべく、たまには触地印をいたします。神秘的ではありますが、そのとき、すっと妄想から抜け出すことができます。密教の不動明王(お不動様)はこの降魔成道の説話から象徴的に祀られていったとする説もあります。不動尊とも無動尊とも呼ばれる所以かと存じます。さりながら……

言葉の観念だけでは理解できない

仏教を学ぶにつれ、だんだんと仏教概念が頭のなかに張り付いてまいります。さまざまな仏教知識が知らず知らずのうちに思想を展開していきます。何もそれを全否定するわけではありませんが、言葉による観念で空腹を満たしていると、すぐに飽きてきたり、どこかに真理が埋もれているような気がして探し求めるようになります。答えはどこにも見つかりません。それでも師を求め、あるいは道を求めています。ところが簡単な実践を行うだけで、言葉では言い表せないような発見があるものです。やってみること。やり続けること。やり遂げること。坐禅は釈尊の成道の姿であることは申すまでもありません。

二十二年 正月中旬 かの地震 (月路)

今日は1月17日、阪神淡路大地震より22年経ちました。生まれた赤ちゃんが22歳。わたしが40歳のときのことでした。妻はもう起きていました。二階で寝ていたわたしは、あまりの衝撃に家が壊れるのではないかと、火は大丈夫かととっさに階下へよろけながら降りていきました。

地震。家が縦に揺さぶられるようでした。家族は全員無事。200キロ以上も離れた場所で震度5、震度7というのは想像を絶します。高速道路が倒れ、ビルが倒れ、火災が発生。すさまじい映像に息を飲みました。あれから22年。あれから22年が過ぎました。しみじみ、速いものです。

地震になれば誰もがじっとしてはいません。じっとしては居れないでしょう。地面が動くのですから。地響きを上げて怒涛のごとく攻めてくるナムチ軍にブッダは静かに右手を地面に触れました。その時に大地が裂けるような地震が起きたのでしょう。その大地震によって、すべてのナムチ軍が地割れの中に落ちていくなか、ただ一人、ブッダは坐禅したまま動きませんでした。動揺しなかったのです。

軍勢が四方を包囲し、悪魔が象に乗ったのを見たからには、わたくしは立ち迎えてかれらと戦おう。わたくしをこの場所から退けることなかれ。

 

スッタニパータ435

第三 大いなる章

〈2.つとめはげむこと〉

435 わたしはこのように安住し、最大の苦痛を受けているのであるから、わが心は諸々の欲望にひかれることがない。見よ、心身の清らかなことを。

中村 元「ブッダのことば スッタニパータ」より


自分から見た合掌の絵
合掌はブッダのすがた
最大の苦痛――苦行を行っているので、かくいう。vedanaは感覚、感受をいうが、特に苦痛を意味し、漢訳では「痛」と訳されることがある。

諸々の欲望にひかれることがない――Kāmesu nāpekkhate.諸々の欲望を顧慮することがない、諸々の欲望に依存することがない、というほどの意味。

見よ、心身の清らかなことを――原文にはpassa sattassa suddhataṃとあるが、註にはsattaをattanと書きかえている。これはウパニシャッドの思想を受けている。「食物が清浄なるときに、本性(心身)の清浄(sattvasuddhi)がある。本性の清浄なるときに、記憶(念いsmrti)が堅固である。(堅固な)記憶を得たときに、一切の束縛から解放される」(中略)。そうしてここでも、苦行(食物を制することを含む)の結果として「念いが確立する」と説く。他のウパニシャッドでも同様にいう。(中略)

また同様の表現として、bhāva-suddhiとは「気持(情操)の浄化」をいうらしい。気持(情操)の浄化。表現に関してはsattvasuddhiに対応する。

このように「心身の清らかなこと」(sattassa suddhatā)という表現は、バラモン教とも共通である。この場合のsattvaは恐らく中性名詞で、仏教一般で言うパーリ語satta(=Skrt.sattva)(男性名詞)すなわち有情とは意味合いを異にする。なお大罪を犯した人が、心を統一して托鉢の食物を摂する(bhaiksāhāra)ことをしたならば、悪から浄められるという思想は、『マヌ法典』第11章二五七詩にも出ている。

以上註記より抜粋して引用した。

苦痛を受け入れる。ブッダの苦行ならずとも病気や怪我をしたときに苦痛を味わうことは誰にでもあると思います。わたしも福井の病院で全身麻酔から覚めたときに激痛に襲われました。痛みに耐える他ないのですが、寝返りすることもままならず、まさに「痛」一色。何も食べられませんし、息を止めて、指先に力をこめて、何かにすがりたい気持ちでしょうか、シーツを爪先で掴んでおりました。間断なくやってくる激痛。喉元過ぎれば熱さをすっかり忘れてしまっていますが、最大の苦痛を受けているのに比べたら、蚊に刺されたようなものでしょう。お母さんが出産されるときの激痛にも到底比べられません。

痛みを受け入れながら、欲望に引かれることがない。苦行の最中には、あらゆる欲望が襲います。もうやめよう。赤ちゃんを生み出す母のような強さでしょうか。それでもやめようとしない、渇きや飢えを癒やさない。心がますます澄んできて、清らかな心身となる。身体から水分がなくなる。生きたミイラのようなものです。心がすっかり浄められている。あらゆる偏見や固執や妄想を捨て切っている。何も考えていない。心は空っぽ。彼はナムチに勝利しました。後に「降魔成道」と呼ばれる所以であります。ブッダの誕生でありました。

生まれくる 吾が子のみをぞ 思ふ母 (月路)

吾が子の誕生のシーンを思い出しました。男とは情けなや何もできんで立ちつくす。奥さんの激闘にこころから尊敬をし感謝したものです。あれから何十年。母も妻も偉い人たちでした。「女は弱し、されど母は強し」と申しますが、これは「男は強し、されど父は弱し」かも。いや「女は強し、母はさらに強し」と言い換えておきましょう。さてもブッダは真理を産んでくれました。だれにでも通ることのできる道を切り開いてくれたのでありました。

わたしはこのように安住し、最大の苦痛を受けているのであるから、わが心は諸々の欲望にひかれることがない。見よ、心身の清らかなことを。